ギター演奏に4スタンス理論は必要か?

更新日:3月22日



どうも!霧切酢です!!



今日はギターの演奏、上達の仕方についての記事です!


4スタンス理論について🎸



私のギター歴を振り返って気がついたこと

4スタンス理論の必要性などを


シェアしていきたいと思います!!



#4スタンス理論 #ギターの上達方法

 

4スタンス理論とは




簡単に言えば人それぞれにある



体、筋肉のクセのようなものです




例えば無意識にコップを持つときに


  • 指先で持つ

  • 手のひら全体で持つ


  • 体の内側に力を入れるか

  • 体の外側に力を入れるか


人にはそれぞれ得意とする力の入れ方や

体の動かし方があります



4スタンス理論を解説したサイトもありますので

参考までに貼っておきますね!



参考URL


参考URL2




スポーツでは数年前から浸透してきましたが

あらゆることに精通するのでは、と考えられてきています



となれば


「ギターの上達とも関係あるのでは?」


と思いますよね?😙



なので私も自己分析をしてみることにしたのです・・・!



 


器用さとは別



必ずしもこの4スタンス理論が必要かと言いますと


なくてもなんとかなります



あくまでで4スタンス理論とは



自分に適した体の動かし方



なので、元々器用な方にとっては

さほど重要ではないのかもしれません


人によっては



「ギターを始めたばかりの段階では必要だが

 上達には不要である」


と考えている方もいらっしゃいます



この意見には一部賛同しますが


しかし私は



ある一定の水準以降上達しようと思ったら

確実に意識しなければならない



そう思っています



このことの裏付けとして


私は4スタンス理論を考慮したフォームに改善すると

驚くほど演奏の自由度が上がりました



 

私の場合



私が最初にギターを触ったのは中学生の時

音楽の授業でした



その時に簡単なコードを弾いたのですが




私は一般的に難しいとされる"Fコード”

所謂レーコードは難なく弾けましたが


逆に簡単とされる”Cコード”はすぐ弾けませんでした




これはしっかりとしたフォームを習わなかったことも

関係していますが



4スタンス理論で考えた場合”Cコード”

私にとって力が入りにくい形



だったのだと思います



今でもバレーコードの方が楽ですから😅


ではどういった仕組みでCコードが苦手なのか?


というところが気になりますよね!



 

当然ギターを始めたばかりの私は

4スタンス理論を知らなかったのですが



自己診断したところおそらくA1タイプ


クロスするような動きが得意なようですね



A1タイプについてはとても興味深い記事を見かけました



A1タイプについての記事




この記事の中で特に興味深かったのは



手のひらの部分でどこが

Power Lineになっているかというところ!!



「人差し指の第三関節から小指の付け根部分」


と解説されています


この場所って、まさに


思いっきり私がギターを弾くときに

力を入れている部分なんです😅



 

私が最も力が入りやすい持ち方は?




これは私視点から見た

左手のフォームです



通常はこのように


指先が下の方・ブリッジ方向



に向いている方が多いかと思います


でもこの持ち方


実は私にとって持ちにくいフォーム

なんです




なんとなくCコードと似たフォームですよね?



このフォームでは人差し指の付け根あたりに

力の重心が偏りやすいです



このため、私にとっては重心が完全に安定せず

やや不安定になりがちなんです


 

コード弾きから単音弾きまでこういったフォームで

以前までは弾いていたのですが


結局・・・



やりにくい!!


てなりました😅


そしてこちらが最近やり出した

私の持ちやすいフォーム!!



指先が先程とは異なり


フレットと並行


もしくは


ヘッドに向かっています


先程のURLの図と比べてみると・・・


ギターのネックがピッタリ

Power Lineに沿っています


加えてこの状態から手首を


外側に向ける方が力が入りやすいんです



長年なぜ私がCコードが苦手なのか不明でしたが



おそらく自分の体にとって効率の悪い動き

しようとしていたから



これが原因であると考えられます



 

いかがだったでしょうか?



あくまで今回ご紹介したのは私の場合に限ります


全ての人が私のように4スタンス理論を駆使すれば

演奏技術が向上するとは限りません


しかし、私は更に演奏技術が安定し

向上していることを実感しています



みなさんも是非、一度ご自身の体と対話してみては

いかがでしょうか!?😉👍



閲覧数:23回