作曲技法🥁行進曲のリズム!!~J-popへの活用法~

更新日:3月22日



どうも!這い上がり系作曲家の霧切酢です!


今回は作曲に関する話題です!!


今まではハーモニーに関することを取り上げましたが

この記事ではリズムについて



現代音楽への活用法も実際の楽曲を例に

ご紹介、解説をしたいと思います😎


#行進曲 #作曲技法

 

行進曲のリズムとは?



4拍子の楽曲の1小節目で

1拍目・3拍目


2小節目で

1拍目・2拍目・3拍目


とアクセントをつけていくリズムです


譜面にするとこんな感じですね!




一番身近なところで言いますと

野球会場で流れているファンフーレがこのリズムを使っています


こリズムを使うだけで、グッと勇ましい雰囲気が出ますね!



他にもこんな曲にも使われています




一度は耳にしたことがあるかと思います!


そう、「トルコ行進曲」ですね


この曲のサビにあたる部分で行進曲のリズムが使用されています


余談ですが、実はこのトルコ行進曲

元々は”Rondo alla turca”(トルコ風のロンド)という名前でした


しかし、この行進曲のリズムが使用されていることから

現在の名前に変わったのではないかと言われています



 

J-POPでも取り入れられている?



クラシックやオーケストラサウンドで使用されている

印象ですが、J-POPでも形を変えて使用されています


その中でも特にわかりやすいのがコチラの曲!



ALI PROJECTの”聖少女領域”!!


”ローゼンメイデン”

2シーズン目の主題歌にもなった曲ですね!!



一見してこの曲に行進曲の要素があるのか?


と思うかもしれませんが


実はサビの部分のメロディに使われています!😆




この楽曲は全編を通してドラムがダンスビート

所謂4つ打ちのリズムが使われています


しかし、よくよく聴いてみるとメロディだけ

行進曲のリズムでアクセントを踏んでいます


歌詞もその点を考慮して

アクセントと相性のいい言葉選びをしています


歌詞を見て行きますと・・・



 言ないで 文 いた の言葉
愛(い) なん 羽ように 軽い(るい)


を付けた部分が行進曲のアクセント部分ですね


こういった隠し味を加えることで


  • 全編同じビートでも起伏が感じられる

  • よりクラシック、厳かな雰囲気が出せる


という仕組みになっています



 

たまにこの曲をカバーしている方を見かけますが

この行進曲の要素がすっぽり抜けていて


全体的に平坦なアレンジになってしまっている

アーティストさんもいらっしゃいます


流石はアリプロですね!!🤗


ちなみにALIPROJECTでは他の楽曲にも

取り入れたりしてますよ!




 

いかがだったでしょうか?


ちょっとした工夫や隠し味で楽曲の印象を

厳かに変えることが出来ます!


自分で楽曲を作っていて何か一味変えてみたい場合は

使ってみると面白いかもしれませんね!!😉


それでは今回はこの辺りで~!