声優、ボーカリストデビュー!!宅録に必要なもの!!



どうも!這い上がり系作曲家の霧切酢です!


今回は宅録(自宅で音声などを収録する事)を始めたい方への

アドバイス!😉


どんな機材が必要かご紹介いたしますね!🎙



”宅録に必要な機材”



1.マイク

声を収録するための機材




2.パソコンと音声編集ソフト

収録したデータを保存、編集するもの




3.オーディオインターフェイス

マイクで拾った音をパソコンなどに取り込めるようにデータを変換する機材



これらがあれば声の収録が可能です!


使い方としては

  1. マイクからのケーブルをオーディオインターフェイスに繋ぐ

  2. オーディオインターフェイスからパソコンにデータが行くようケーブルを繋ぐ


こうすることによって


マイクで音を拾う
↓
オーディオインターフェイスでその音をパソコンで読み込めるよう変換する
↓
パソコンで保存、編集などができるようにする


この中であまり馴染みのないものが「オーディオインターフェイス

ではないでしょうか?


実を言いますと、割と身近な存在であるスマホ

この中にも入っていたりします


ネット経由でダウンロードした音声を再生したり

通話するときにこれの機能によって音が聴こえるんですね


取り敢えずはマイクとパソコンの間に挟む機器!!


このように覚えておいたらOKです😉✌️





さて、それぞれの機材についてもう少し詳しく解説していきましょう!




・マイクの種類🎙



ダイナミックマイク


耐久性があり、扱いが簡単


音質はそこまで良くない代わりに

余分な音も拾いにくい


スタジオやライブで使われているもの

このタイプです





コンデンサーマイク 


音質がいい代わりに耐久性に難あり


また、駆動には電源が必要

(大抵はインターフェイスについています)


また、音質が良い分不要な音も拾いやすいので

録音環境も気をつける必要があります


録音で主に使われるのがこちらです



自宅の環境などにもよりますが、より高音質で録音するためには

コンデンサーマイクがいいでしょう!






・パソコンのスペック



あまり安価すぎるものだと動作が不安定になるなどデメリットがあります


  • ビット数 64bit

  • CPU CORE i5 以上

  • メモリ 8GB 以上

  • ハードディスク SSD推奨



音声の収録だけならここまでのスペックが必要ない場合がありますが

他にも手広く作業をすることを見越して購入することもお勧めです


スペックが高ければ高いほど有利ですが

このくらいのスペックがあれば大抵の作業は大丈夫です!👌


Macなら基本的に作業に必要なスペックをクリアしていますので

よくわからない方はMacを選択肢に入れてみてもいいでしょう



また、最近はスマホ、タブレットでも音声収録アプリもありますので

簡単な収録ならスマホ、タブレットでOK!


予算があまりない方はこういったものも視野に入れてみましょう!


・音声編集ソフト



パソコンにマイクで拾ったデータを送ったのち、それを保存したり

編集したりするソフトも必要になってきます


最近では無料で手に入るDTMソフトなども多いので

事前にパソコンにインストールしておきましょう!!


オススメは、以前私も使用していた

最も有名なもので"Audacity"というものがあります


Audacity



操作も比較的シンプルで簡単

機能も充実しています


複数のデータの合成や編集は難しいですが

音声の編集だけならこれで十分!




マイクで録った音をこれらのソフトを使って録音することで

保存が可能になります


ソフトによって機能は異なってきますが

大抵のものは簡単なデータの編集、加工が可能となっています




・オーディオインターフェイス



こちらもやはり値段によって音質が左右されます


あまり安すぎるとすぐ壊れてしまうこともありますので

目安として1万円〜2万円辺りの値段のものを選ぶといいかと思います!


また、オーディオインターフェイスには


  1. Windows用

  2. Mac用

  3. Windows,Mac両方可能

  4. スマホ、タブレット用



最近はWindowsとMac両方で使えるものが多いですが

事前に調べておきたいですね


また、コンデンサーマイクに電源を送る「ファンタム電源+48v」

搭載されているものを選びましょう!







・その他、あったら便利な機材



モニターヘッドホン、イヤホン


その名の通りモニタリング(観察用)


通常のヘッドホン(リスニング用)とは異なり作業向けの作りになっています


  • フラットに音が聴こえる