【DTM】外付けSSD・HDを準備しておこう




パソコンの負担を減らす



DTMにおいて

PCの環境を整えることは重要!



無料のDAWソフトを動かす程度なら問題ありませんが

本格的に作業をしていくとかなり大きな問題です



高スペックのPCを用意することは勿論ですが

付属品を使用することで負荷を減らすことができます!



 

有料音源入れ




有料音源は別に保存する



DTMのクオリティを上げていくとなると

有料の音源を買い足すことになります!



しかし、気をつけたいのは



クオリティの高い音源は

大抵容量が大きく重たいです



特にオーケストラ音源や

BFD3といったドラム音源はかなりの容量


それらを購入するたびにPCに入れていたら

すぐに容量が圧迫されてしまいます



そこで!


分けて保存できるデータは

別途 外付けディスクに入れた方がいいです



 







これは私の外付けSSDの中身です



こんな感じに、別途購入した音源のデータを

コチラに移しています


実際に使用するときは

データをここから呼び込むことで使用可能です




こんな感じですね




勿論プラグインデータはPCの中身ですが


こうすることで、PCの容量も確保しつつ

作業中の負荷も分散できます



 

余分なデータの保存場所





使わないデータを分けておく




例えば制作が終わったプロジェクトデータや

不要になったプラグイン



こういったものを外付けディスクに移しておいて

データの圧迫を減らします



一度消去してしまうとつごの悪いものを

入れておくといいでしょう



プラグインの場合は

増えていくと管理も大変ですからね



 


注意点




粗悪品に気を付ける




ここまでメリットを上げてきましたが

唯一注意したい点が



外付けディスクの品質



所謂ハズレの製品というやつですね


高価な製品だと確率は低いですが

そこそこ価格の製品だと稀にあります



実際に私も一度ありましたが



粗悪品だとデータが引き出せなくなったり

データの保存ができなくなったりします



折角PCの負荷を減らすために移したデータが

取り出せないというリスクが起きます



ある程度値段の高いものや

余分にもう一つバックアップ用を持っておいてもいいでしょう



 

おすすめのメーカー



Buffalo




過去にBuffalo製品は2つ購入しましたが

動作も安定していて安心して使用できます


お値段も割と安い方なので

個人的におすすめしたいメーカーです


データの通信速度も速い方で

コスパに優れた製品だと思います!



 


後々更に自分の楽曲のクオリティを上げたいのなら

PCが優秀でも外付けのディスクがあった方がいいです


単純なバックアップとしても使えますので

1つでも持っているといいでしょう!!😉👍




閲覧数:5回