top of page

【ギター】歪み系ペダルで音を作る派/ペダル不要派



エレキギターの音作り



今でも多分時々話題になると思うのですが


「エレキギターはアンプの歪みで音を作るべき!」



という意見が出る時があります


特にラウドなジャンルになると

アンプの歪みの重要性を語る人は多いです


まあ、概ね間違ってはいないと思いますが!



要するにエフェクターによって歪を作るのではなく

良質なアンプの歪みが一番良い



という意見ですね



一種のアン直派の意見と同じと

捉えることも出来るでしょう


というわけで今回は


ギターの歪みを作る時に

歪みペダルを使うのは有効的か?


について考えてみました!



 




アンプの重要性



ギターの音質を決定づける大切な要素


ギターアンプ



厳密に言えば歪を作っているのは

アンプのヘッド部分ですね



ペダルの歪みと比較すると

ギターの音の芯からしっかり音が歪んだ印象



激しい歪が出せるアンプの場合は


大きいキャビをしっかり鳴らせる前提で

歪みの質も設計されている感じでバランスの良い音になります



最終的な音の印象を決めるのはキャビなので

キャビと相性の良い音が作れるかは大切ですね!



 

その点ペダルで歪を作る時は

選択肢が多い分考えることも多いです


そもそも歪みペダルと言っても

多様な種類があるので自分の好みを探すのでも大変ですし



使用するアンプと相性が良いか

上手い具合に調整する腕も求められてきます



アン直はその点迷うことが少ないので比較的楽ですね



それに加えて


  • ペダルを繋ぐことで起きる音質の劣化

  • ノイズ処理



などなど

割と気にすべきことが発生します




で、こういったデメリットを解消しようとすると

さらにお金を投入することに・・・



ただでさえペダルを増やした分

ケーブル、電源といった物も買い足さなければいけないのに



音質の劣化を防ぐための良質な電源とかも

必要になってきたり金銭的負担も大きいです



 


歪みペダルのメリット



歪みペダルを使用するメリットは



言わずもがな

ペダルでしか出せない音が出せること!




歪みペダルを使用する時というのは


あまり歪ませられないアンプを使用するときに

ハイゲインアンプのような音を出したい!



みたいな時に使う人も多いです


スタジオではジャズコとか使わないと

いけない時もありますからね!



つまりはハイゲインアンプの代用品として

歪みペダルを使用する人も少なくないのです



 


で、個人的に思うのが


「アンプの歪みの方が良い」という意見は

ここら辺が関係していることも多いのでは?


と感じています



本来は


歪みペダルとアンプの歪みは

全く別のものとして考えるべきですが


歪みペダルをアンプの歪みと

同じ土台で比較してしまう



こういった事情で


アンプの歪み>ペダルの歪み


みたいな図式ができてしまってる気がします



 

しかし本来のペダルの使い方は


アンプの特性にペダルの性質を合わせる



という認識が正しいので



アンプ+ペダル



という組み合わせで考えた方が

公平かなーと思います




少し前によく使われていた手法で


アンプ+ファズ


という組み合わせをすることで

アンプだけでは出せない質感を出しています


他にもDjent系なら


チューブスクリーマーを使用した

立ち上がりの早いハイゲインサウンドもありますね





また、結構昔のデスメタルでは


アンプを若干歪ませた状態で

めっちゃ歪むメタル系のペダルを使用する



という組み合わせで

より過激なサウンドを作り出していました



 

そんなわけで


実は有名どころのアーティストも


歪みペダルを活用することで

独自のサウンドを作っていたという歴史もあります



個人的には



必要なら積極的に歪みペダルは使ってもいい



と思ってます




閲覧数:8回

Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page