ギターの打ち込みが難しい理由



どうも!這い上がり系作曲家の霧切酢です!!

今回は打ち込み、それもギターについて!🎸



ギタリスト目線から

なぜギターが、特にエレキの打ち込みが難しいと言われるのか


解説していきたいと思います✌️


まずはエレキギターの音の仕組み

エレキギターらしい音とは」という観点から注目します


それでは早速見ていきましょー!



エレキギターは歪んだ音が正しい音



エレキギターといえば


激しいディストーションサウンドから

落ち着いたクリーントーンの音色まで


幅広い音が出せます


しかし、どんな音色を使うにしても前提として



エレキギターの音は大なり小なり歪むことで

成り立っています



実はクリーンな音を出す時も

若干歪ませることで温かみを加えているんですね


対してベースのアンプは歪みがあまりありません


エレアコ(ケーブルでアンプなどに繋げれるタイプ)を

「ギターアンプに繋ぐより、ベースアンプに繋いだ方がいい」


こう言われるのは歪みの関係もあるんですね













マイクで音を拾うのでノイズも多い



エレキギターにはピックアップと呼ばれるマイクがあり

そこで弦の振動を拾うことで音を出しています