「ギタリストは譜面が読めない」はデメリットか?



どうも!霧切酢です!!


今回のお題はコレ



「ギタリストは譜面が読めない」はデメリットか?


です!



一般的に良く言われる


譜面が読めないまま楽器を習得する事の

メリット・デメリットを考えていきます!


それでは早速みていきましょー!


 

ギタリストは譜面が苦手



「ギタリストを黙らせるなら譜面を渡せ



こんな言葉が通説となるくらい


譜面が苦手なギタリストは多いです!



因みに私もある程度読めはしますが

結構苦手です😂😂





そもそもギターを弾く際には

音符が読める必要はありません



コードを押さえる時の手の形を優先して覚えるため

フレットの位置と音符はリンクしていないことも多いです



ギターを始めた人で


フレットに割り振られた音を把握している方は

結構少ないんですね



 

フレットの音符が分からないということは



コードの音の構成音も理解が出来ない


ということになります



そのため音楽理論的な感覚が養われないまま

ある程度楽器が弾けてしまったりします



加えて


どのフレットを押さえて演奏すればいいのか

記載された


ギター奏者にとってと~っても便利な


Tab譜が存在することも要因としては大きいでしょう!


Tab譜とは




逆に鍵盤なら


自分がどの音か音符を演奏しているか

理解しやすいため


コードの構成音なども理解が早いですね




 


譜面が読めた方がいいジャンル



JAZZ!!



よっぽどの才能がある場合は別ですが


ジャズミュージシャンにとって譜面を読むスキルが必須


特にプロとして活動する方や、現代的な曲を

プレイするならまず必要になるでしょう!



プロのジャズミュージシャンはその場で譜面を渡されて


「はい、じゃあやります!」


なんてことも普通ですからね😅


私の体験的に譜面を読む力は

JAZZが最も求められると思います!



後は


  • クラシックギター奏者

  • クラシカルな要素を含んだメタル



なども必要になってきますね



 


ギターで身につきやすい技術



1.相対音感




相対音感とは、簡単に言うと


カラオケのキー変更機能



と一緒です



基本となる音を変えることで

楽曲全体の音もそれに合わせて上下させること


相対音感とは



 

私の経験上

ギタリストはギターの構造上



”楽曲のキー変更が容易であること”



特別な音楽の知識がなくても



押さえている元々のコードを


手の形をそのままに上下するだけで

キーの変更が可能になれます



勿論オープンコードとかは

弾き方を変えないと無理ですけどね😅



このため、専門的な知識がなくても


感覚として相対音感を理解しやすいです



 

面白いことに

感覚のみでしか相対音感がわからないので


音楽理論などがわからないギタリストが

ロック系の曲を作ると



Emのキーの曲が圧倒的に多くなります(笑


一番低い音が6弦解放のEなので

それを基準にしてしまうからですね



 

2.打楽器的なセンス



一般的に


楽器の構造上ピアノが打楽器に近いと言われていますが

奏法の観点から見ると



ギターの方が圧倒的に打楽器の要素が多いです



  • ブリッジミュート

  • カッティングのミュート

  • わざとピッキングノイズを入れる

  • スラップ奏法



などなど、人によっては使う奏法は異なりますが

結構打楽器的なニュアンスを持った双方はあります!



ブルースや簡単なセッション


マイナーペンタ一発でアドリブ!


なんてことはギタリストの間では良くありますが


正に!


打楽器的なリズム

相対音感的にリードパート を楽しめる!


音符や音楽的な知識はそこまで必要ではない

こういったセッションは


ギタリストが得意な傾向があります!



 

著名なギタリストも





あの伝説的ギタリスト Jimi Hendrix

詳しい音楽の知識はわからなくても



その場でコードの音を鳴らせば

コードの音を理解できたと言われています



おそらくこれも、ギターをやっているうちに

相対音感が養われた結果だと思われます



 

いかがだったでしょうか?



現代的な音楽はより複雑になってきていますので

読めるに越したことはありません!


しかし、専門的なスキルがないからこそ養われる

スキルがあることも確かです


自分が進みたい道を見据えて

バランスよく技術をみにつけてみましょう!!😊👍




閲覧数:4回