ギターの弦を「切りにくく」「しっかりとした音」を出すピッキングとは!?



ギターを始めて10年以上

ピッキングで弦を切ったのは2回だけ!!



そんな私が



弦を切りにくく、太い音を出すピッキング



について語りたいと思います!!



 

弦を切りやすいピッキング



必要以上に弦を引っ張ってしまうピッキング!



ピックが弦に深く潜り込んでしまったりして

ピックが引っかかってしまう場合ですね



少々大げさに言いますと弓の弦を引くみたいな状態!



ギター、ベースの弦は叩くような力には強いですが

引っ張る力には案外弱いです



太い方の弦なら大丈夫かと思いきや

そんなこともなく


巻き弦の方も巻いてある部分が「ビロ~ン」と

伸びてしまってダメになってしまいます



また、弦を引っ張ってピッキングしてしまうと

ピッチベンドの要領で音程がズレます



 

音が弱くなってしまうピッキング



ピックが弦に触れている時間が長いピッキング!



要するに



ピッキングする時に、ピックが弦に深く潜り込んでしまったりして


弦に引っかかってしまったり

スムーズにピッキング出来ていない状態



こういったピッキングをしてしまうと

弦の振動をピックが阻害してしまいます



これはドラムのクローズドショットと

ベースのサムピングがうまく出来ない原理と同じですね



特にベースのスラップで、親指を振りぬくスタイル

これがうまく出来ていない人がこれが原因である場合が多いです



 

解決策は実は同じ!



感の良い方は既にお気付きかもしれませんが・・・



ピックと弦が触れる時間を短くすれば解消されます




  1. 出来るだけピッキングが深くならないように

  2. 弦を引っ張らないように

  3. 素早く振りぬく!



これを意識するだけで


「弦が切れにくく、しっかりとした音」



を出すことが出来ます!

正に一石二鳥ですね✨



実はメタルなどのジャンルにおいて



ギターの歪みを強く+ピッキングを軽くする



というのは

このピッキングが出来ていることが前提で成り立ちます


極力弦を引っ張らないことで

音程をベンドさせない効果もありますからね!



 

柔らかい音を出すなら触れている時間を長くする



逆に柔らかい音、優しい音を出したいのなら



弦をあまり引っ張らないように

ピックと弦が触れている時間を長めにする



というように意識すると良いですよ!



程よくピックで弦の振動を抑えてくれるので

柔らかな音を出すことが出来ます



ピックではなく、指でピッキングするのは

まさにこの効果が生まれるから!



指は柔らかく弦にまとわりつきますので

その分触れている時間が長くなるんですね



弦に触れているじかん=アタックタイム



と意識しておきましょう!



 

まとめ


・ピッキングは浅く・素早く振りぬく

・弦を引っ張ってしまうと音程がズレて、切れやすくなる

・柔らかな音を出すときは優しく弦に触れている時間を増やす


以上! 適切なピッキングについてでした!



ピッキングについて悩んでいる方は

是非試してみて下さいね!



ピッキングが安定してくると、それに伴って

左手にかかる負担も少なくなります



それでは今回はこの辺で~😆👍




閲覧数:7回