top of page

【ギター】そんな速弾きを使わない人も練習で速弾きをしてる理由



速弾きに興味がある無しは関係ない?




全ての人がそうではありませんが

「そこまで速弾きが好きではない」


という人でも

実は速弾きの練習をしている!


なんてことは

ギター界隈ではあるあるだったりします




リリースしている曲のイメージと異なり

実はめっちゃ速弾きできる


みたいなギタリストは実のところ多いです

(初期Slipknotもそんな感じ)



ギターにあんまり興味がない人からすると

よくわからない感覚ですねw



 



トレーニングとして



実際に楽曲で速弾きを使うかどうかは別として


練習や遊びで速弾きやってる人の

主な目的は大抵これ!



ギターそのもののトレーニングとして

行ってることが多いと思います



速弾きってメタルとかのイメージがありますが


そもそも多くの基礎が

一定以上できていないと出来ない技術



そういった総合力がもとめられる動作を

更にスピードを上げて細かいことを行う


これによって正確性を上げたり

多様な状況に対応できるようにしているわけです!



更にスケール練習もしておけば

手にスケールを覚え込ませることも同時にできますしね


 

また、速弾きをある程度習得していくと

運指やピッキングの精度だけでなく



ミュートの処理能力も養われます



ミュートというのは

キレイな音を出すために必要なスキルですが



  • 切れのあるフレーズ

  • グルーヴを強調したいフレーズ



こういった場合においては

結構細かいミュートが必要だったりします


ミュートの速度やタイミングで

グルーヴを表現することも多いので!



そんなわけで


グルーヴをより広範囲に操りたいなら

ある程度速弾きの能力が必要



という事情もあります!


 

そんなわけで

暇な時に速弾きの練習をしてる人って



実は結構多目的なことを想定して

速弾きの練習もついでにしてる



みたいな人もいたりします!


言うなれば1ランク上の演奏をするなら

速弾きに使う技術は必ず求められるとも言えますね



そういった視点で速弾きしているギタリストを見てみると

思いのほか発見があるかもしれませんよ!!




コメント


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page