top of page

変形ギターを買う時の注意点



奇抜なルックスの魅力!!




メタルなジャンルをやっているギタリスト御用達



変形ギター!!



ギターがものすっごい目立つジャンルだからこそ

ギターも相応にカッコ良いものが欲しい!


というニーズを満たしてくれる変形ギターたち



もちろんあえて王道なルックスのギターを使うことで

ギャップを出すのも面白いんですけどね!



 

変形ギターと一口に言っても色々と種類もあり

ルックスから色物としてみられることが多いですが



案外操作性もしっかりと考えれらている個体も多い

という演奏面でのメリットもあったり。。



例えばフライングVなんかは


ハイポジションでのソロが弾きやすいよう

ボディがざっくりと削られています





ハイポジション周辺にボディがないので

左手の自由度がますのです!



これの真逆を行っているのがレスポールとも言われていますね

(テレキャスも若干リードが弾きにくい)







メタル系のギターは


速弾きを始めとして高度なテクニックが求められるので

そういったニーズにも応えられるように作られています


良くも悪くも従来のギターの王道から逸れている為

弾きやすさにもちゃんと注目してる、て感じですね!




大抵メタルにも使えるギターってモダンな作りなので

今まで王道なギターしか持ったことない人からすると


「弾きやすいじゃん!」

驚く事もしばしば


 


そんなわけで意外とデメリットが少ないように感じますが



1点 


座って弾くのが難しい

ということがしばしばおきます






それこそフライングVなんかわかりやすいですが


ボディの形状が独特のため

基本的に足に乗せる部分がありません



基本的に座ってギターを弾く際には

左右どちらかの足に乗せなければならないので



足に乗せられない=座って弾けない



といってしまっても良いほど

足を置けるボディの形状は大切



フライングVなら


V字のくぼみ部分に足を引っ掛けるようにして

クラシックギターの構え方をすることが基本姿勢となります



クラシックギターのフォームに慣れていない人は

少々戸惑うかもしれませんね(汗



 

例外として


"人間工学"をもとに作られた

変形ギター的な個体は大丈夫な場合が多いです





人間工学


つまり、人間の体の構造を想定して

良いとされるものを分析して作られたもの



代表的な例で言えば

私が所有しているStrandbergですね





形こそ奇抜ですが


  • ギターを構えた時に自然なフォームになりやすい

  • ストレスを感じにくい



などのことを基準として作られているので

座った時も弾きやすいように出来ています


その分高いですけど(笑



 

初心者のうちからクラシックギターのフォームでしか

ギターを座って弾けないのはなかなか厳しい!


ということで


変形ギターを買う際は



  1. 自分がどれだけギターに慣れているか

  2. ギターのフォームに制限が生まれてもOKか



などに注意した上で選ぶと良いでしょう!!





留言


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page