インストは国によって評価はあんまり変わらないのかも?




音楽の好み



難しい問題ですよね!



どんなに芸術的に優れていても

卓越した演奏技術が使われていても



それを好むかは別の話



という、創作活動をしている人なら

必ず一度や二度悩むこと



特に、国境を越えれば文化も違うので

更にその傾向は強い物に



しかし


実際に自分の楽曲を世界的に配信してみて

ちょっと面白いな、と思ったことがあったので


今回はそのことについて

書いてみたいと思います!



 


歌物は言語の壁が



やっぱり大体の人が気にするのが


"言語"



母国語の歌でなければ

イマイチ感情が乗らないというのは


どこの国でも変わらないようです



ただ、自国の音楽文化が

そこまで盛んではない国では


他の国の楽曲が自然と魅力に

映るということはあるみたいですね



 


しかしながら、インストというのは

言語が無いのでその点どうなのか?


というのは気になる所です



これは私の持論ですが


言語が無い分


  • 楽曲の持つ雰囲気

  • コンセプト



というものが気に入れば

どこの国でも好かれる


という結論に至りました



 

何故こんな結論に至ったのかと言いますと


こちら





自称私の人生の中で一番のヒット曲w



思いっきり日本の音階使って

リズムも日本ならではの間の取り方をしてます



で、この曲を


  • ビリビリ動画

  • インスタ

  • TikTok



販売を含めればBoothなどなど

様々な媒体で発信してますが


これはダントツで人気です



インスタに至っては


どこの国かわからんような人まで

使用している始末w



媒体によってユーザーの層も違いますし

結構広く多くの国で聴かれていますが



日本含めて評価が高いのです



 

とは言え


なんでもかんでも和風な曲が好まれるのかというと

そういうわけでもないようで。。



例えばDOGRA MAGRAの楽曲

”ヒメハギバナシ”





同じ和風ホラー路線の

”アラハバキモノ”




正直なところ

これらはそこまで人気は出ませんでした😭


”アラハバキモノ”は

延長線上に作ったんですけどね~


構成だとか

とにかく楽曲の雰囲気が伝わりやすかったのでしょうか?



 

まあ、何と言いますか


結構人類ってそこまで差が無いのかも


と思った次第...



良いと思うポイントや注目するところは

案外みんな近いのかもですね~




閲覧数:0回