JAZZの前にBluesを推奨される理由




JAZZに入る前に

Bluesをプレイできるようになろう!



みたいな事がたまに言われることがあります


今でもBluesはJAZZにとどまらず


ロック・ファンク・R&B...



様々なルーツミュージックを始める前に

推奨されることが多いですね!



特にJAZZの場合だと色々と親和性も高いのです😉



 

大きく分けて親和性が高い要素は2つ!






① コード進行

②リズム



この2つ!


ポップスなら「ほぼ同一じゃん!」

って感じるくらい重要な要素が被ってますね!



JAZZはBluesを複雑化させたもの

なんて言われるくらいですからね



それでは順番に見ていきましょう!



 

JAZZには至る所に起承転結がある!





楽曲における起承転結と聞くと


”楽曲の始めから終わりまで”


と想像する方も少なくないかもしれませんが



JAZZの場合は少しばかり意味合いが異なり

特定のコード進行が起承転結の役割を果たしています



 

Ⅱ Ⅴ Ⅰ(ツー・ファイブ・ワン)



ジャズを語る上で欠かせないコード進行!

一つの楽曲中に頻繁に出てくるコード進行です



キーCで表記してみると


Dm G7 Cmaj


というコード進行になります



サブドミナント・ドミナント・トニック



という役割を持ったコードを使うことで

このコード進行で起承転結を作っています



Dmの所が 「起」

G7で最も盛り上がる 「承・転」

Camajで解決する 「結」



JAZZの場合はこんな具合に大きな意味合いを持たせています


 

また、JAZZにおいて

このツー・ファイブ・ワンの進行を利用して



転調・部分的な転調を行うことも珍しくありません



JAZZプレイヤーは

こう言った”コード進行に含まれた意味”を


理解する能力も求められています



 

で、Bulesの場合


このツー・ファイブ・ワンのコードのみ

12小節で楽曲が構成されています



厳密にいえばやや使い方が異なっていたりしますが

基本的な構造は同じで



JAZZよりもお手軽にコードに対するハーモニーの感覚を

養っていくことが出来ます



 


よく行われるBluesのセッションを例に出してみますと



A7 D7 E7


トニック・サブドミナント・ドミナント



これら3つのコードでBluesのセッションは進行します



Bluesの場合だと


ドミナント E7



のコードの部分で

一番盛り上がるように演奏してみる



こういった感覚から

ツー・ファイブ・ワンの感覚を鍛えることが可能です



 

シャッフルとスウィングはかなり近い





ジャズといえばスウィング



スウィング無くしてJAZZはプレイできません



現代のJAZZはかなり複雑化していて

求められるハーモニースキルも高レベルなのですが



そもそもJAZZもスウィングさえできていれば

JAZZっぽくなります



ハーモニーよりもリズム



というくらいにスウィングは重要!



で、そのスウィングは

Bluesで使われているシャッフルとほぼ同じです



 

スウィング = 4ビート

シャッフル = 8ビート



この違いはありますが

根本的なアクセントの付け方は一緒



ビートが異なる

細かいゴーストノートなどの使い方が変わってきますが



Bluesのシャッフルを早くしていく感覚で

スウィングを演奏できるようになってきます



 

JAZZの場合、ハーモニーが複雑であったりと

考えることが沢山あるのでその分慣れるまで時間がかかります



その点、Bluesはある程度制限が設けられているので

基礎となる部分を鍛えるのに持ってこい!



また、コード進行の役割を理解したり

曲の展開に対する緩急のつけ方も分かってきます



こう考えるとBluesは本当に奥深いですね!



Blues未体験の方も

是非一度触れてみてはいかがでしょうか?😆✨




閲覧数:1回