KEMPER買うべきか迷っている方へ

更新日:3月22日


#KEMPER



どうも!霧切酢です!!



・「KEMPERって機材が気になるけど音質ってどんな感じだろう?」


・「高いし購入して後悔したくない!」



そんな方の為に実際に使用している私が

購入するメリットなどを解説をしたいと思います!😉👍




関連記事


KEMPERは本当に生音に近いのか?


KEMPERおすすめの無料Rig


 

そもそもKEMPERとは?



様々なアンプをマイキング・その音を丸っとコピー!


コピーした音を使いたい放題できるデジタルアンプです!



これだけ聞くと、ギタリストにとっては夢のような

機材ですよね?☺️



ギタリストの方なら、一度は耳にしたことがあるかと思います



今までのアンプシミュレーターとの大きな違いは

実際のアンプの特性をデータとして取り込める点!



コレまでのアンプシミュレーターは人間の科学力で

構成された人工的な音なので


KEMPERはかなり得意な存在と言えます



 

KEMPERの音はある意味で汚い



汚い、というワードを使うと誤解を生みそうですが

生アンプ特有のノイズ



マイクノイズやアンプのノイズなど機械では

再現しにくい成分も含まれています



以前別の記事にてなぜギターの打ち込みは難しいのか

という項目で解説しましたが



ギターの音というのは


  • アンプから出た空気の振動

  • 空気しんどうを拾ったマイクの音


などの余分な音も含めてギターらしい音になっています



KEMPERでは他のアンプシミュレーターとは異なり

こういった音も再現できます


DTMでいうところのサチュレーターのエフェクトに

感覚が近いかもしれませんね



楽曲を作る時など、こういったノイズが

リアルなアンサンブルっぽい音に必要になってきたりします😎



例えば同じく高性能デジタルアンプ


Fractal AudioのAXEシリーズではこういった音は

再現は困難です




Fractal Audio




また、もしこういったノイズが不要な場合



ノイズ処理を施された音色を使うことで

対応が可能になります


 

コスパはむしろいい



KEMPERの購入で戸惑う最大の要因として

お値段が相応に高いということかと思います!



KEMPERには2種類のタイプがあって



・パワーアンプ搭載


・パワーアンプ非搭載



と分かれています



パワーアンプ搭載型はライブなどで

他のキャビに繋ぐなどの用途がある場合に必要になります



宅録するだけの場合はパワーアンプ非搭載で十分!


それでも20万円前後します



私はこちらのホワイトカラーを持っています!



私は購入する前に楽器店で試奏してから購入したのですが

決めてはヴィンテージ系の音!



古いアンプ特有の痛んだ音汚れた音がしっかりと再現されていて

手に入れることが困難なアンプの音も再現可能です



また、アンプというのは同一のメーカー型番でも

使い込み具合で音が変わってきます



そういった個体ごとの音の違いも含め使用できる点は大きいです



KEMPERの音はネット経由で更新されていきますので

膨大なアンプの音をこれ一つで使える点は大きいです



  • 暗譜を収集すること

  • マイキングの手間が省けること



コレらを考えると意外と安いとも言えます



 


実際に使用してみた曲




 


 


 


 


 

いかがだったでしょうか?


現在はNeural DSP含め優秀なアンプシミュレーターも

登場してきています



しかし、さまざまなジャンルに対応して

生のアンサンブルの音に近づけたい場合は


かなり強力なギアになってくれます!



本日は私のKEMPER愛を語ったところで

さようなら〜!😆😆