KEMPER買ったら他のエフェクターは売った



KEMPERはどこまでもギタリストの味方!



KEMPERはアンプの音を取り込んでくれるだけでなく



ギタープレイに必要なエフェクター

しっかり内蔵されている!



このことにもしっかり触れておきたいのです・・・



一昔前のギタリストと言えば

”デッカいボードの中にエフェクターギッシリ!”


というくらい拘る方も多いかと思います



今回はギターの音作り、録音などにも影響してくる

KEMPERの内蔵エフェクトについて語っていきます!!


 

エフェクトにも相性がある



これは個人的な好みも含む意見なのですが



Recするなら、個別のエフェクター

あんまり相性がよくないように感じます



やはり音を取り込んだ時にデジタル処理されるせいなのか



同じくデジタル処理されたエフェクトをかけた方が

音にまとまりが出る気がします


メーカーによる音のバラツキもありますしね





一度試したことがある方はわかるかと思いますが



Kemper含めアンシミュにギターエフェクター挿して使うと

妙にラインっぽさが出てしまって音のバランスが悪いです



”エフェクトを含めたギターの音を完結させる”



という点においてKemperの内蔵エフェクトは

クオリティが高いと感じます


AXEシリーズの方がエフェクトの種類は豊富ですが

まあDAWで結局仕上げるので私は困りませんw



 

DAWのエフェクトは”これじゃない”感




今でも覚えているのですが

人生で初めてレコーディングをした時のこと・・・



「後からこっちでエフェクトかけるから!」


というエンジニアの方の意見を信じて

普段使っているエフェクターを使わずRecしました



なんというか、これじゃない!


という感想が第一でした😭

(エンジニアの方は悪くないです)




これは実際にギターを弾いている方じゃないと

分からない感覚かもしれませんが


設定とかではなくて、キレイすぎる

ペダル特有の”汚さ”や”えぐみ”がないんです



DAWのエフェクト=ミックスのためのツール

ギター用のエフェクター=ギターサウンドを作るためのツール



みたいな違いが感じられて


DAWのエフェクトではギターらしいサウンドは

作るのが難しいなと感じました



 

Kemperのエフェクトは直感的




そこでKemperなんだよな~



Kemperの内蔵エフェクトは

ギター用エフェクターを使っている感覚にかなり近いです



そのため



ペダルでエフェクターを操作していた時と同じ感覚で

エフェクターを選んで使用できます



ペダルのエフェクターのように

複数繋ぐことで音の劣化を起こす心配もありませんしね



今までいくつかギターのプラグインや

アンシミュを使ってきましたが



ギタリストの直感のまま音が作れる



という点においては

やはりKemperは優秀ですね!



 


内蔵のエフェクターで注目しているもの



特に私が重視したいエフェクトが


  1. ノイズゲート

  2. リヴァーブ



この2つ!

めっちゃ普通なエフェクトですね😅



しかし! この2つの重要性はめっちゃ高いのです



ある程度ギターのスキルが向上すると

そこまで特殊なエフェクターは使わなくなりますが



ノイズゲートとリヴァーブに関しては

ギターの音を構成する上では欠かせないもの



特にノイズゲート

ハイゲインサウンドを使用する時には必須!



この2つのクオリティで

ギターのナチュラルさが決まる


といっても過言ではありません!


KEMPERの内蔵エフェクトは

かなり自然なかかり方がするので気に入っています



実はKemperのリアルなサウンドの要は

こういったエフェクトのナチュラルさ



ではないかと考えてます!!



 

おわり



とまあ、結局のところ



いつものKemper自慢


というだけの話でした🤣🤣🤣



しかし


音質 エフェクターを使用する時の音の劣化


などなど考えて

出来るだけコンパクトに機材をまとめる



というのはおすすめですよ!