部屋の照明を暗くしてみては・・・?




日本は照明がかなり明るめ



ということは

案外知られていないのではないでしょうか?



割と海外と比較すると

トップレベルで明るく、冷ための色をしています




街の街灯もかなり明るめで

夜でもギラギラしてますね



一見「音楽と関係ないのでは?」

と感じるかもしれませんが


意外とそうでもないかもしれませんよ!



 

目の負担




日本では、昔から


「暗い所にいると目が悪くなる」



と言われてきましたが



果たして本当にそうだろうか?


と思うことがありました



というのも、私もつい2,3年前までは

日本の標準くらいの明るさにしてい巻いた


しかし、いつも寝て起きた時に照明をつけると

「明るさで目が開けられない!」


という現象に微妙なストレスを感じていました



なので、思い切って照明を暗めにしてみたら

解消されるのではと思った次第でした・・・



 

明るさは相乗効果



部屋を明るくすれば物が見やすくなる



しかし、必ずしもそうではありません



ディスプレイタイプの画面は

明るければ明るいほど見辛くなります



スマホなんかでも、昼間とかに野外で使うと

画面を明るくしないと見えないですよね?



つまり、部屋の照明を明るくするほど

テレビ、スマホ、パソコンなどの明るさを強めていき


その分目にかかる刺激も増幅されていきます



しかも現代は誰しもがスマホを持っていますので

現代のめにかかる負担は計り知れません



 

長時間のデスクワーク




DTMもデスクワークの一環!



長時間PCを見続けて

休憩や連絡にスマホを見て・・・


このようにず~っと液晶画面を見続けているので

想像以上に目には負担がかかっています



目が疲れてくると脳にも負担がかかりますし

集中力の低下につながります



また、夜間に長時間強い光を受けるというのも

健康には良くありませんね


目が冴えて寝つきも悪くなります



部屋の照明を暗めにすれば

おのずと液晶画面は暗くしても問題なくなります



私なんか自宅では

スマホの画面の明るさは最低一歩手前



これでも十分見えるんですね



むしろ今までどれだけ光を受け過ぎていたのか

わかって驚きますよ!




DTM、デスクワークをやっている方は

一度試してみて下さいねー!!😎✨




閲覧数:0回