MacbookでDTMをすると割と快適なのです!



DTMで楽曲を作る上で重要になってくるのが



パソコン!



性能はもちろんのこと


使い心地も気になる所・・・



WINDOWSかMacどちらが良いか

過去に記事にしたことがありますが


Macbookは結構快適



ということを、長年WINDOWSユーザーの私が

改めて書いていきたいと思います!


 

快適な理由①  キーボード



まずはこれ!


キーボードの使い心地がめっちゃいい!



実際にMacbookを使った人ならわかると思いますが



独特の軽快さと言いますか

タイプした時のストレスの無さがいい!



それでいてしっかりとタイプした感覚が伝わってくるところが

Macbookの優れたるところ



過去にWINのノートPCを使っていた時期もありますが

それに比べて圧倒的にタイプしやすいです



というより、個人的な感想で言えば

市販されているどのキーボードよりも扱いやすく感じます



どうしてもメールなどで長文のやり取りが多くなってくると

このストレスの無さは有難いですよ!


 

快適な理由② トラックパッドが優秀




トラックパッド・・・マウスの役割をする部分ですね



これの性能がかなり高い!



まず反応速度が速く

指の操作だけで結構色々なことができます



感覚的にはトラックボールに近いかもしれません



普段私はマウス派で

これに慣れていない時は別途マウスを使っていました


「なんで付属のマウスがないんだ!」


と最初は怒っていましたが・・・



トラックパッドに慣れたら

マウスもトラックボールも不要



そのくらい利便性が高いです



勿論トラックパッドの操作+キーによる

ショートカットキーも使えます!


マジでマウスを使わなくなりました😅



要するに

余計なものを持っていく必要がないんですね


 

快適な理由③ 追加音源





これはMacbookというよりは

Macの性質かもしれませんが


追加の音源やプラグインはWINよりMacの方が

動作が安定している気がします



また、追加の音源の保存場所がWINよりもわかりやすいです



WINは良くも悪くも細かい所まで設計されているので

追加のプラグインの場所もマチマチな所に保存されます



  • こういった追加音源(プラグイン)の安定感

  • 保存場所のやり取りが扱いやすい点



これもMacbookを使っていて便利!

と感じた点ですね



 

まとめ


・キーボード、トラックパッドの性能がいい!

・追加のマウスやキーボードが不要

・持ち物を少なくできる

・追加音源(プラグイン)の扱いやすさ



こんな感じですね!



やはりAppleが掲げている特有のユーザーの快適さ

これがかなり魅力的ということでした


とはいえ、私が今まで使ってきたWINのノートが

そこまでよくなかっただけかもしれませんが😅



私ももう少し予算があれば

もっと高価なMacbookを買ってもいいかも・・・



と考えてしまうほど快適さは抜群ですよ!😉👍




閲覧数:6回