top of page

楽器店でNeural DSPの Quad Cortex試奏してみたよ!!




Neural DSPの技術の結晶



お手頃サイズでKemperと同じく

アンプの音をキャプチャーできる!!




通常のマルチエフェクターと

同じくらいのサイズでこれは驚異的ですよ!



パッと聴いてみた感じ

Quad Cortexの方が音がいいのでは?」



なんて意見も飛び出すほどの

超ハイテク機器



Kemperヘヴィユーザーでありながら

こう言った機材には目がないので


先日無理を言って店員さんに試奏させていただきました

(快く試奏させて下さいました)



 


Neural DSPのおさらい!



そもそもQuad Cortexを作っている

"Neural DSP"とは?



というところからおさらいしましょう!!



ギター、ベース系の機材を開発している

この界隈では注目されているメーカー


主にソフトウェア系の

アンシミュを多く販売しています



アンシミュは著名なミュージシャン監修

モデリング系のアンプがメインとなっていますが


アーティストモデル以外のプラグインもあります



私も


  1. Pliniアンプモデル

  2. Parallax(ベースアンプ)



これら2つを所有していますが


とにかく音がいい!!



下手なマイキングや実機のアンシミュで録音するより

断然音がいいと感じました↓







音の傾向としては



  • 音の厚みを感じさせる中音域がしっかり出ている

  • アンプ特有の空気感が感じられる

  • 洗練された美しさ



これらが挙げられますね!


割と安いプラグインにありがちな



一見リアルな音に聴こえて音が細く

アンサンブルになると力負けする


みたいな音ではありませんでした



尚且つプラグイン特有の


実機では得ることのできない

ある種機械的な美しさも持っている



最先端な技術がつまった製品と言えますね!!







 



実際使ってみた感想



↑こんな動画のようにカッコよく試奏したわけではなく

というか結構こういう動画って音加工してますからね!



ジャズコーラスのセンドリターンに接続して

試奏させていただきました



一応店員さんに

通常のスピーカーに接続した方がいいのでは?」


と確認しましたが

「ギターアンプのセンドでOK」とのこと



で、なんとなく数分間いじってみたのですが

音質は申し分ない、が。。


どちらかと言うと

ライブとかステージ演奏向けかな~



ってのが率直な感想!

もちろん試奏環境に左右されてる面はあると思いますが



マルチエフェクター+Kemperの機能って感じ



宅録メインってわけでもなさそうです

 


  • 実機のエフェクターを取り込める

  • 小型化

  • キャプチャー機能のお手軽さ



こういった機能を考えると

ステージングの効率化を図る意図が大きいように感じます



1つのアンプに多様なエフェクトをかけつつ

楽曲によってアンプを切り替えるみたいな



スタジオミュージシャンやカバーバンドを組んでる方なら

かなり機材の運搬の手間暇が省けます



メインのMarshall→Fender→Orange



みたいにアンプの切り替えも可能



因みにアンプのキャビの変更や

マイキング設定も細かく指定できますので


音質を自分好みに作り込んでいくことも出来ます



ここはKemperには無い機能ですね!



Kemperもキャビ系の調整は出来ますが

キャビの交換と音質の調整まで



キャビによる音作りの幅広さは

Quad Cortexが一歩先を行ってますね


 



  1. 1つのエフェクターで好みのエフェクター載せ放題

  2. Kemperと同格のアンプの再現率



これがちょっとしたカバンにスポンと入ってしまうので

機材関連のストレスから解放されます



人によっては自分のお気に入りのアンプも

エフェクトペダルも


丸ごと取り込んで現場に行けるのは

かなりのメリットです



正に現場系のギタリストの要望が

全て詰まったような機材ですね!



反面、実機のアンプに繋いで使うのなら

アンプの音質にも左右されるので注意も必要ですね


 

個人的な意見



確かに魅力的な機材ではありますが



Kemperで十分かな



というのが率直な意見!



どこまで行ってもKemperって

アンプのヘッドの機能がメイン



それに宅録メインの私は持ち運びしないので

サイズが大きくても特に困りませんしね!



 

1.ノイズ



勿論使用したギターやギターケーブルなどの条件が

異なっているので完全な判断は出来ないんですけど...



試奏に使ったギターがストラトで

ジャズコーラスに繋いでいたせいなのかは知りませんが


普通にノイズは出ます



で、ノイズゲート使ってもあんまり効果はなく・・・


いくつか種類はあったのですが

どれを使ってもノイズは消えませんでした


(私の使い方が悪いのかも)



ミキサー直なら結果は違うとは思うのですが



実際にステージで実機のアンプに繋ぐなら

ノイズ問題は考えた方がいいかもしれません



個人的に録音がメインなので

結構ノイズの処理能力は気になる方



Kemperのノイズゲートの優秀さが気に入ってますので

ここが一歩遅れたかなと



 

2.キャプチャー機能



ぶっちゃけ一般人は使わん



そもそも実機のアンプ置くスペースだとか

お金が無いからこういうのを買うわけで・・・



お金がめっちゃあって

現場の仕事が多い人にとっては便利ですが


正直素人がそこまで使う必要があるかは微妙



Quad Cortexの方がキャプチャーはしやすく

Kemperほど厳密さは要らないそうですが



それでも


  • 良質なアンプ

  • 的確なマイキング

  • 収録部屋のクオリティ


こういった条件を揃えるのは困難



ここまで手間もお金をかけるなら

有料のRig買った方が安いし早い



 

3.拡張性



最終的にはこれですね



後発機器の方が技術的には上ですが

先発の方が拡張するための機材が豊富



有料Rigの豊富さもそうですが



結局のところデジタル機器も

ハード面を拘った方が音がよくなる



色々と試してみて痛感しましたね



いくら演算の技術が上がっても

実機のチューブ管が入っていないことは事実


こういったハード面に拘らないと向上しない音質

やっぱりついて回る問題です




例えばKemperなら探せば


Kemper用に設計された電源や

チューブ管搭載のバッファーなんかも出ています



こういったソフト面以外の拡張性が

今の所Kemperの方が優れているな~と感じました



もっとも併用できたりQuad Cortexに使える

拡張機器も探せばあると思いますけどね!



 

というわけでKemperのパワーアンプ無しと比較しましたが


  • 極力周辺の機材を減らしたい

  • 現場で演奏する機会が多い


みたいな人にはかなり魅力的な機材

その分30万越えというシンドイ価格(汗



Kemperと比べて約8万円ほどお高いですが



この持ち運びの便利さと

補正無しKemperと同等かそれ以上の音質



これらに魅力を感じたのなら

導入を検討してみてもいいのではと思います!


私は家でじっくり音を作るタイプなので

Kemperでいいです(笑




Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page