レコーディングで必要な最低限のスキルとは?~録音に必要なのは"〇〇さ"~

更新日:3月22日




どうも!毎日投稿中の霧切酢です!



今回のお題はコチラ



レコーディングで必要な最低限のスキル!!



取りあえずこれさえ出来ていれば

他の事は二の次でもOK!


  • バンドをやっている方

  • DTMをやっている方

  • 個人でボーカル活動をしている方


必見です!



それでは早速みて行きましょー!😉✨


#レコーディングのコツ

 


レコーディングで求められるスキルとは?



いきなり核心に迫りますが、何を置いても・・・




丁寧さ




これだけです



「えっ!?」


となった方もいらっしゃるかもしれませんね!



・かっこいいソロが弾ける


・複雑なフィルが叩ける


・どれだけハイトーンボイスが出せるか



こういったことを想像していた人も

間違いだというわけではありません



しかし、そういったものはあくまでおまけ!



プレイヤー側のエゴでしかないのです



勿論上記の部分を押さえながら

丁寧に演奏できることが一番ですけどね😂



 

リスナーからすると



・ハッキリとフレーズが聴きとれる


・音がキレイ


・安心して曲が聴ける



これらの事の方がよっぽど大事なんです


特にボーカル以外ちゃんと聴いていないという

リスナーも日本では少なくないですね😅



というよりも



ある一定基準より上達、演奏スキルを上げると


自然と丁寧な演奏が出来るようになってきます



 


丁寧な演奏とは?





例えば


・ギター・ベース


余計なノイズをしっかりミュート、カットする




・ドラム


各セクションの音量を揃える、バランスをとる



・ボーカル


自分に合った音域で歌う



・アンサンブル全体


各パートのアクセントやリズムを揃える




こういった所を如何にきっちり詰めれるかで


楽曲のクオリティは大きく変わります



 

実際にあった残念な体験



これは私がサポートで所属していたバンドでのお話です



とあるタイアップ、テーマソングを担当することになり

その楽曲をバンドでレコーディングすることになりました



バンドメンバーは全員私より10以上年上の方が大半でしたが...



ま~基本的なこと、丁寧な演奏が出来ていませんでした😅


 

私以外のギター




鳴らしている弦以外のミュートができていないので


常に余分なノイズがフレーズに混入



また、音も強めに歪ませていたので

余分なノイズ増幅



何を弾いているかわからない、濁った音



が、ず~っと鳴っていました



当然このノイズは他のパートにも被ってきてしまい


結果的に



楽曲全体が不明瞭な音になってしまいました



 

ドラム





”バスドラムが弱々しく

スネア、ハイハットが強い



こういう風に叩く方でした



「後からミックスで音量上げればいいじゃん!」



と思うかもしれませんが


こういう叩き方をしてしまうと。。



本来録りたいパート以外の音も

かなり拾ってしまいます



つまり


バスドラムを録音したトラックの中に



”ハイハットやスネアが

邪魔するレベルで入ってしまいます”


 

こうなってしまうと、普通に音量を上げても



他のパートの音も一緒になって大きくなります



なので


ミックス時にバスドラムの音量を上げる際に


  • 被りの音を除去するEQ

  • 弱い音のボリュームを上げる



これらの処理で強引に目立たせます



その結果


  1. バスドラムが物凄くて手前で鳴っている

  2. スネアが遠くで鳴ってるように聴こえる

  3. 全体の音の抜けが悪い



こういった音になってしまいました



原理はMIDIのベロシティと一緒ですね!😎


ベロシティとボリュームの関係については

コチラを参照



 

他にも色々ありました



いや、問題しかありませんでしたね



最年少の私の話にも耳を貸すこともなく

レコーディングは終了し


エンジニアに不満を持っていました😨



とにかく



お世辞にも世に出せるレベルではない



と個人的には今でも思ってます



 

いかがだったでしょうか?



最後はなんだか愚痴になってしまいましたが



本当に優れたミュージシャンの演奏は


とにかく音が丁寧です



自分の音をしっかり丁寧に出して

1ランク上のミュージシャンをめざしましょー!!