Submit Hubを使ってみた ~その②~

更新日:11月23日


どうも!霧切酢です! 今回は前回の記事に引き続き、Submit Hubについて書いていきます! 私自身使ってみてわかってきたこと含めて使い方をご紹介いたします!👍 また、Submit Hubを始めるに当たって事前にTuneCoreなどで Spotify, Apple musicなどに加えてYouTubeなど

各SNSにアップロードしておくことをお勧めします! 特にSpotify経由で宣伝してもらえるケースが多いので Spotifyは必ずと言っていい程で抑えておきたいですね👀 サービスによっては配信が承認されるまで時間がかかりますので しっかりと余裕を持って行動しましょう!


それでは準備が出来たところで早速サイトに入ってみましょう https://www.submithub.com/about サイトに入ってみると大まかなサイトの活用方法や、どういったメリットが あるのかが書いてあります 要するにキュレーター(SNSにおいて影響力のある人や企業) に自身の楽曲を提出し、査定してもらいます キュレーターに気に入ってもらえればそこの各コンテンツで 自身の曲を紹介してもらえるということです

さて、この画面の右上の 「サインアップ」から サイトに登録しましょう

メールアドレスを登録するか [SOUNDCLOUD] [FACEBOOK] [GOOGLE] いずれかのアカウントを持っていれば そのアドレスとパスワードで 登録することが出来ます

サインアップができたら まずは楽曲の登録、次に アーティスト情報を登録しましょう 楽曲の提出方法はMP3でそのまま出すこともできますが 既にYouTubeなどにアップしている場合はそのリンクを貼って提出できます 特にMVなどがある場合はYouTubeで出してみるとより印象付けられます! 楽曲情報やアーティスト情報など必要事項を記入すると完了です 楽曲の提出が完了すると、いよいよ本格的に楽曲を審査に出すことが出来ます まだまだ長くなりそうですので、実際に審査に出す方法などは次回で 詳しく書いていきますー!


325回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示