【音楽理論】トライトーンとは?



専門用語を覚えよう!



今回は音楽理論に関する話題



トライトーンについて

説明したいと思います



説明と言ってもそんな難しいことではないので

用語だけわかればOKです😉



 




トライトーン=dimコード



厳密には違いますが

名称が異なるくらいの認識でいましょう!



”本来の意味は全音3つ”

という意味を持っているため



指定した音の”完全5度の半音下”



というのが正式なトライトーンです



かなり不安定な音のため

「悪魔の音階」と呼ばれたこともあります




よく似た用語にトライアドというものがありますが

こちらとは別の意味を持っています



トライアドは基本的な1音飛ばしで3つ音を重ねた

コードのことを指す名称ですね



 

何故dim=トライトーンなのか?



それはdimスケールの構造にあって



半音3つ分の間隔で音を並べていき

それがグルグルと回っているような構成になっています



そのため


半音3つ分の関係にあるdimコードは

同一の物と見なされる傾向があります


例を挙げますと


B dim = D dim = F dim= G# dim



みたいな感じですね



割とジャズなどでもDimコードを繋げて行ったり

他のdimコードを代入するなんてことも頻繁に使われます



 

で、ここからが本題なのですが



半音3つ分の間隔で音が並んでいる状態のため

結果的に構成音が被るからです



半音3つx2=全音3つ



強いて言うなら、dimコードとは

2つのトライトーンを合わせて作られている


と解釈することも出来るのです




例えば"B"の音をルートにした場合は



B dim=B D F G#


というのが"B"のdimコードの構成音で

"F"がトライトーンにあたり


構成音"D"をルートとした場合は

"G#"がトライトーンになります



そして、先ほど説明した通り

dimコードは構成音をグルグルと回しているだけなので



ルートを"B"にした場合も"D"にした場合も同じ


つまり


トライトーン"F"も"G#"も同一の関係にある



と解釈できます



 

てなわけで、現代的な音楽理論では

トライトーンをdimコードと捉えている人も少なくありません


ジャズプレイヤーなんかでも一緒の扱いの人もいますしね



ジャズにおいてdimコードって

結構色々な意味を持ったコードだったりするんです



おそらくですが、コードトーンでトライトーンとされる

"#11th"のハーモニーなんかが出てきたため


そこら辺の情報が更新されていったのかなと思ったりします



というわけで今回はこの辺で!









閲覧数:2回