本当に優しい人は厳しいって本当?



騙さない人の逆



以前書いた記事、「騙す人」の逆


今日はこれをテーマにしてみました



よく聞く


「本当に優しい人は厳しい人だ!」

とか言いますが


本当の所これは正しいのか?


ということを

今までの経験から書いてみたいと思います



 


夢のない人



「人を騙す人」の特徴が


夢を見せるのが得意な人


ならば



多くの場合はこの逆である


「夢を見せてこない人」

「一見するとロマンの無い人」



という特徴はあるかもしれません


まあ、端的に言えば



現実的なことを言う人


って所でしょうか



こう言ったところから


本当に優しい人=厳しい人



と言う意見が生まれたのかもしれません



現実的な話って

往々にして説教っぽくなりがちですしね!



 

現実的な話題ってあんまり面白く無いんですよ



誰だってドラマや映画、アニメみたいな

夢のある人や話題が好きです



なので、結果的にしっかりと現実的な事が話せる人は



厳しいと写ったり

夢がない人と思われがち



夢もロマンもないことを話すって

マイナス方面の印象を与えることも少なくないですね



こう言ったマイナスな印象は損得勘定でいうと

明らかに”損”ですが



そういった自分の”損”を顧みずに

行動に移せる人



こう言った人は


本当に相手のことを考えてくれる相手である

可能性が高いです



まあ、単に嫌味ばっか言うだけの人

と言うオチもありますけどね🥹🥹🥹



あと


兎に角「根性論!」みたいに

ひたすら怒鳴るやつとかも論外


 

当然ながら


  1. 夢のある

  2. 夢のない



この2つを比べた時、多くの人が選ぶのは


”夢のある人”



そうなってくると


人も人気も必然的に目立って声の大きい

”夢のある人”に集まってしまうので


意外と本当に優しい人は埋もれていたりします



暇があったらこう言った人を探してみると

レアカード探してるみたいで楽しいですよ!



 

優しい人=自分の幸せ


とは必ずしも結びつきません



いつかは覚めてしまう夢でも

夢を提供してくれる人



夢は見せてくれないが

現実的に歩める人



どちらが自分にとっていいのかは

自分次第といったところでしょうか



「じゃあこんな記事書いてるお前はどっちなんだ!?」



と言う質問はご勘弁を・・・😭😭😭




閲覧数:2回