top of page

便利だけど注意!安価なオーディオインターフェイスの欠点(iTrack solo, EVO4)



価格と引き換えにするもの!



  • バンド活動

  • 出先での収録

  • iPhone、タブレットへの接続



お手頃価格帯のインターフェイスには

金銭面以上にも嬉しい機能が満載!



私も色々な活動をするにあたって

結構コンパクト系インターフェイスを使ってきました



主にサブ機としてですけどね😅




しかしながら、コンパクト系を今まで2つほど使ってきて

ある程度値段のするインターフェイスと比べると



ここが不便!



と感じることがあったので

そのことをまとめてみました!


と言っても扱い方次第でなんとかやりくりできるので


こういったことが起こることを覚悟しよう!



くらいの気持ちで読んでみてください😉



 



今まで使ってきたコンパクトタイプ




とりあえず私が今まで使ってきた

お手頃、コンパクト系インターフェイスをご紹介


  1. FOCUSRITE /iTrack solo

  2. AUDIENT / EVO4



この2つ!



どちらもPC、タブレットとの接続が可能

持ち運びに便利な優秀な機種!



PCを買うお金がない方でも購入できる

個人的にもおすすめなインターフェイスです


今では無料の録音ソフトや cakewalk みたいなのがありますし

歌ってみたの歌唱録音に最適ですね



勿論、skypeやdiscordといった

通話利用するアプリでも使用可能



今の時代のニーズにマッチした製品たちですね!




まあ、ここまではメリットばかりでいいのですが

実際に使ってみたら見えてくるものはあります。。


 



動作の不安定さ



これは個体差があるのかもしれませんが

結構厄介だったりします



物によってはケーブルを端末に繋いでも認識されなかったり

少し位置がずれただけで接続が切れてしまうことも




接続が途切れやすい系のトラブルは

iTrack soloに多かったです



また、iTrack soloはタブレットに繋ぐだけで使用可能

ではなく別途電源を引っ張ってくる必要があります



それだけだとそんなに気にならないのですが


  • 電源が上手く供給されない

  • 電源を繋いでもおかしなノイズが鳴り続けて動作しない



みないたトラブルがありました



勿論ケーブルやコンセント端子を調べましたが異常なし...



ただ、Apple純正品以外の物を使用すると

トラブルが起きる確率が上がる傾向にある



ということだけは突き止めました



 



一方、EVO4は接続のトラブルは少なかったものの

音量系のトラブルがめっちゃ多かったです



例えば、普通にEVO4経由で音を聴いていると


適量にしていたはずのモニターの音量が

勝手にMAXになったり


DAWにて録音をしていると

ギターの入力レベルがこれまた勝手にMAXになったり



安定して録音が出来ないことが多かったです


もちろんEVO4には自動で音量を調整してくれる機能があるので

それかとも思ったのですが常にオフの状態...


他にも急に録音が失敗して途切れてしまったりと

とにかく安心して収録が出来ない




また、しばらくしてiTrack soloは使用しなくなったので

iTrack soloではわからないことなのですが



通話などで使用していると

これまた勝手音量がグーンと勝手に上がります



酷い時は常に手動でノブを回して

音量を元に位置に戻していましたw



しかしながら、別途ダウンロードした

仮想ミキサーを使用することでかなりこういった問題は減りました



 

とまあ、こんな具合に

安心して使用が出来ない場面が多かった


というのが振り返ってみての感想



とはいっても色々やっているうちに


動作が安定した隙に

ササッと必要なことをやってしまう



みたいな癖をつけると結構問題なかったりします



しかしながら、メインで使用している

RME FIREFACEではこのような不具合はまずなかったので



やはりお値段がお手頃な製品には

相応の不便さがあるなと感じました



 



耐久性



何も強い衝撃に耐えてくれ

ということではありません😅


やはり安価なのでしょうがないことなのですが


差込端子がゆるゆるだったり

本体がの構造が全体的に緩いです




加えて、比較的中身に余裕があるのか

結構中で「カラカラ」みたいに


部品が動いている音がすることも・・・



まあ、そんな具合の作りなので


結構慎重に使っていても

速めに壊れたりします



そんなこんなでまた買い替えたりなんかしてると



結局のところもうちょっとお金を出して

高いの買った方が金銭的にもお得だった



なんてこともありました



iTrack soloは結局電源端子がおかしくなって

とどめとしてモニター用の接続端子が破損して終了。。



Evo4の方は案外大丈夫でしたよ!



 

いかがだったでしょうか?



まあ当然と言えば当然なのですが

お値段が低い分、やはりリスクもそこそこあります



特にコンパクトタイプは出先で使ったりする目的も多いので



動作が不安定になって使えなかったり

耐久性に問題があると



わざわざ現場まで赴いたのに

結局やりたかった作業が出来なくなってしまった



となってしまうトラブルも起きやすいです



個人的には

安い分ある程度故障を覚悟で持っていけたのは良かったですが




取りあえず私がお伝えしたかったのは


DTM初心者や歌ってみたなどで

取りあえずオーディオインターフェイスを購入した人にとっては



1万円前後の安価な価格帯の製品でも

充分高価な物であるということ



だからこそ、こういったトラブルも

ある程度覚悟しておいてほしいんです




ついつい音楽専門でやってると

1万前後って全く高くない金額なので


ここ等辺の感覚が違うと思うのです



音楽系はお金がかかるものですが

リスクも込みで上手にお買い物しましょう♪






bottom of page