BEHRINGER MIC2200 V2を使ってみた感想/Oz design TTBと比較して




チューブ系プリアンプ



先日マイク録音用として

BEHRINGERのプリアンプを購入!



ヴィンテージ・チューブサウンドを得られる

真空管を搭載したプリアンプです



コスパに優れた名機です!



 




2チャンネル搭載されていますが

とりあえず1チャンネルだけ使ってみました



接続端子は裏っ側についていて

ちょっと見えないんですが


マイク端子とライン入出力が搭載



電源を入れるとこんな感じに

真ん中が明るく光ります



 


音の傾向





とりあえずライン入力でアコギを繋いでみましたが



ヴィンテージ・チューブを謳っているだけあって

かなり太めで大雑把に歪んだ印象



歪みの量もちょっと多めに感じますが

ライン入力で見るとちょうどいいくらい



私が先日購入した "oz design/TTB"と比較すると

音がブーミーになる感じです





"Oz design/TTB"の方がスッキリとした印象



kemper専用に設計されただけあり


デジタルアンプの音の特徴そのままに

音に空気感や厚みを加えていました



 

BEHRINGER MIC2200 V2をKemperに繋いでみましたが

少し歪みが強すぎる印象です





もちろん、設定次第で音も変わってくると思いますが



元々のRigの特徴が消えてしまい

全てヴィンテージサウンドっぽくなってしまう



と感じました


モダンなディストーションサウンドとは

相性が悪いと思います



ここら辺はさすがは "Oz design/TTB"ってとこですね!



 

アコギのラインはMIC2200 V2





しっかりと音をサポート



先にも書きましたが

デジタルアンプの前に繋ぐと少々やりすぎな音ですが



ほぼMIC2200 V2単体で音を作る場合は

かなりいい感じに仕上がる



という特徴があると感じました



しっかりと備え付けられたEQやローカットを使って

サウンドを作り上げて、音を太くする



という印象です



ここら辺のツマミをどれだけしっかりと

設定できるかが肝!!



上手に設定してあげれば

かなり無理なく音量と音圧を上げることができます


正に太くなったって感じです



このくらい音が太くなるなら

後からかけるエフェクトもそこそこで良さそうです



ヴィンテージ風の良い意味で濁った感じも

ライン特有の硬さを柔らかくしてくれますね



 

総評



デジタルアンプやバッファー+何か で音を作る場合


出来るだけクリアで空気感などを足したい


Oz design/TTB が有利





デジタルアンプなどを使わない

ライン、マイク入力単体で音を作り上げたい


ヴィンテージ風の音が欲しい


BEHRINGER MIC2200 V2GA有利





という感じでした

(要は謳い文句そのまま🥹)



もしもプリアンプ1つで多岐に渡って併用している方も

色々と試してみると


もっと理想のサウンドに近づけるかもですよ!😉👍





閲覧数:93回