”速いフレーズは、まずゆっくり弾く”は本当に効果的?



一度は聞いたことはあるであろう


「速いフレーズはゆっくり弾いて慣れよう!」


みたいな謳い文句・・・



果たしてこれって、本当に効果があるのだろうか?🧐



と考えたことはないでしょうか?

(私だけかも・・・笑)



一応結構な年数ギターやベースを練習してきて

感じたことを書いていきたいと思います!!😉



 

いきなり結論!



一定のレベルまでなら効果あり

それ以降は元々のスキルがないとあんまり効果がない



というのが私の結論です!!


まあ個人差もあるとは思いますが😓



ではでは、もう少し詳しく解説していきましょ〜


 

効果がある場合



どんなフレーズかを正確に把握する



これにつきます



速いフレーズって、結構勢いで流しがちなんですが


  • しっかりと音符として音を捉える

  • 何拍目にどの音がくるか



などをしっかりと認識して演奏できるかって

結構難しいんですw


フレーズの全体像を掴むことによって


運指やアクセントをどこに入れるのかなども

意識しながら演奏することができます



初心者でも、上級者でも関係なく

押さえてきたい点ですね!



 

効果がない場合



それは、単純に速く弾くこと



ゆっくりで弾ける=速くても弾けるではありません



速く弾くためには速く弾くための

専用のスキルが必要になってきます


速く弾く時には専用の力を込める部分があります


当然ながら、ゆっくりと弾いていては

その部分を使った練習ができません




で、たいていの教則本とかでは


既に速く弾けるスキルを持った人

紹介している練習方法なので


ある程度速く弾くスキルがある人向けに書かれていたりします



本当のところで言うと



ゆっくりで弾いてフレーズを確認しながらも

同時に速く弾く時の筋肉などをイメージしながら弾く



と言うのが正解なのでしょう



 

まとめ



速く弾くスキルも同時に練習してください(笑




と言うわけで、私の経験を踏まえた感想でした!



個人的には例え速く弾けなくても

フレーズをなぞるだけでも得られるものは多いです



少しづつできることから始めてみましょー!!😉👍



閲覧数:3回