top of page

IBANEZのネックが弾きやすく感じたら上達の兆候





IBANEZはモダン要素がいっぱい!



IBANEZと言えば早い段階から

モダンな演奏に必要な構造を取り入れた



日本が誇るべきメーカー!



ジャンボフレットやロック式ナットなど

革新的な機能を披露しましたが



取り分け特徴的なのが

超薄い(平たい)ネック



数あるメーカーの中でも

トップレベルで薄いのではないでしょうか?



これはとても画期的な作りなのですが



薄いネックに慣れていない人にとっては

弾きにくいネックだったりします





というのも


アコギを始めFender、Gibsonなど

王道的なギターは



基本的に分厚いネック



昔のモデルならR指板と言って

より丸みを持ったネックもあります






そんなわけで



多くの人はギターの弾き始めた時は

分厚めのネックから始めるケースが多く


分厚いネックにあった握り方を

基本としている人も多いのです



その状態で薄いネックを握ると

違和感を感じるというわけですね



しかしながら・・・



ギターを上達していく上で

最終的に必要なのは薄いネック



薄いネックで安定して弾けるフォーム

薄い方が弾きやすいと感じる握り方



これが身についていることが重要!




つまり



取り分け薄いネックを持つIBANEZを

自由に弾けるようになっているということは



その理想的なフォームが

身についている可能性が高い!!



もしIBANEZを弾く機会があるのなら

是非意識してみてください!!





Comentarios


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page