作詞に興味があるなら身に着けておきたいスキル

更新日:3月22日



どうも! 作曲から作詞、スクリームまで・・・


現役ミュージシャンの霧切酢です!!



今回のお題はコチラ



作詞家になるにあたって身に着けておきたいスキル!



実際に作曲していて


「こういうスキル持ってる人に作詞頼みたいな~」


と個人的に感じたことを書いていきたいと思います!



作詞家の需要や立場を見直しつつ見て行きましょー!!



#作詞

#作詞家になる

 

作詞家の需要とは?




ぶっちゃけたことを言うと



世の中のほとんどの作曲家は作詞くらいできます



というよりも音楽の知識がある分

歌詞しか書けない人よりも効率よくかける場合もあります



バンドなんかでもボーカルが書いちゃうケースも多いですよね!




実際に世の中で活躍している作詞家というのは



そのほとんどが作曲や他の事との兼業の方ばかり

作詞を専業にしている方は滅多にいません



世の中には本当に文章を書くことが苦手だという人以外は

自分で書いちゃう方が早いですからね


おそらく専業作家が成立したのは昭和くらいでしょうか🤔




 


作詞とは大きな流れの真ん中にある




作詞作業というのは、作詞家にとっては

最大限拘ったり世界観を構築したい物!



しかし、実際の所はその後に待っている

作業の方が圧倒的に多いです



そして、大抵の場合は



作曲家ボーカリストの間に滑り込む形

作品を提供することになります




これ、めっちゃ重要ですよ!!



つまり、ここで拗れてしまったり

制作を円滑に進めて行けないと



作曲家とボーカリストの間に亀裂が入ったり

その後の作業に悪影響が出てしまう可能性があります




 

作曲家が求めているスキル



さて、それではまず(個人的な)結論から言います



ボーカリストさんと直接やり取りでき

円滑に収録を完了させられること



これにつきます



このままではあまりにもざっくりした答えなので

詳しく掘り下げていきますね!




 

・作曲家を仲介してやり取りしだすと面倒




例えば作詞家の方のお仕事内容が



「歌詞を書くことのみ!」



となってしまうと


出来上がった歌詞を

作曲家がボーカリストさんに渡すことになります



そうなってしまうと

実際に歌ってみて歌詞に不備が見つかった場合



作曲家がボーカリストさんの意見を聞き

その意見を作詞家へ


↓ ↑


作詞家から帰ってきた返答、修正案を作曲家が聞いて

ボーカリストさんへ渡す



・・・すっごい面倒ですよね?😨😨


いちいち双方の意見を仲介しなければならないため

時間もかなりかかってしまいます



実際に私がこれに遭遇したことがあり

本来なら数日で終わる作業も2~3週間かかりました




 

収録のためのデータを作成しなければならない




ボーカリストさんに歌唱を依頼する


  1. メロディをシンセで鳴らした音源

  2. 歌詞のデータ


これらを「はい!」と渡したところで

ボーカリストさんは歌えません



1.歌詞が音符にどう当てはまるのかわかるボーカル譜


2.歌を入れるための仮歌(場合による)



これらを準備する必要があります



これらの手配も作曲家が担当すると

けっこうな時間ロスになってしまいます



特にボーカル譜を作成していると



文字数が合わなかったり

変なところで歌詞が区切られてしまう



こういった問題が出てくることもあります


この場合も、作詞家の人に修正依頼を出す必要があり

またしても時間がかかってしまいます😥😥




 

まとめ


  1. ボーカル譜など収録に必要なデータの作成(添削作業込み)

  2. ボーカリストさんとやり取りできるだけの知識



この2つが出来るだけで作曲家の負担は

かなり減らすことが出来きます



少なくとも私の場合は


最低限このレベルがないと依頼することはないです

(自分でやった方が早いので)



ここまで読んだ方は


「いやいや、ここまで出来るんだったら

 作曲も出来るんじゃね?」


という思いが頭をよぎったかもしれません



まあ、つまりはそういうことですね😅✨





閲覧数:8回