top of page

マイク録音⇒微妙⇒絶望



期待と不安のマイク録音



「歌を収録する、何か楽器を収録する」



そんな時にやってくるマイク録音



ギタリストも結構直面することだったりします



ギターにしろ、打ち込みにしろ



ソフトの機材が発達したとしても

マイクで録音した独特の質感はまは違う!



この魅力がある限り

多くのミュージシャンはマイクと睨めっこします



実際にミックスとかしてると


ちゃんとマイキングされた素材を重ねるだけで

クオリティの良い音楽になってきます



 

しかし!

実際には割と面倒!!



特に自分一人でマイキング+収録

全てやるのなら特に・・・



ちょっとマイクの位置がずれただけで

音が変わってしまうし


イマイチなマイキングだと

プラグインの方がマシなケースもあります





昔アコギをマイクで録音した時も


変に低音ばっかり膨れ上がってしまったり

音のバランスが悪くなったケースもありました




最も、歌やギターはまだいいのですが


ドラムのマイキングなんかは

マイクの本数も多くかなり大変




どれか1つのマイクがよくないと

釣られて他の音にも影響しますからね



 



精神的に結構くる



自分でマイク録音していて一番厄介なのは



失敗したらガッカリ感がスゴイ



テスト録音ならまだしも


ある程度いい感じにマイキングできたと思って

本テイクをある程度収録してしまった時



自分でもいい演奏ができたと思っても

後から聞き返したら音が微妙...



場合によっては録り直しとなるので

その時の心境たるや。。



ちゃんとしたスタジオならスタッフの方がやってくれるので

こういった失敗は稀なんですけどね〜



意外とマイク録音は


こういったメンタルとの向き合い方も

実力の1つだったりします



 

なんだかんだリスクもあるものの



やっぱりその先にある成果



これを求めてまた挑戦して...

の繰り返し!



AIとかで自動マイキングとか出ないかな〜


 




Commenti


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page