作詞初心者で躓きやすいこと




歌詞と詩は別物!



ということは今まで何度か記事にしたことがありますが


お仕事柄「作詞に初挑戦!」

という方の歌詞を見て気付いたことがありました



オチがない」



これにつきます!



 



オチと言っても何も漫才のような

落とし所を気にしているわけではありません



要するに



この歌詞を通して言いたいこと

扱っているテーマ



これが不透明な歌詞が非常〜に多いです!



勿論、あえてよくわからない歌詞も存在しますので

全てが良くないということではないですが😅




 

情報量過多





そもそも日本の歌の歌詞の量は多いです



単純にメロディの音数が多いということもありますが

サビが来るごとに別の歌詞が来る


というのは案外日本以外では見かけません



大げさかもしれませんが

物によっては海外の2倍くらいの歌詞の量があったりもします



そういった歌を基準に歌詞を書いていても

内容がまとまっていない



という歌詞は、大抵の場合は情報量が多すぎる



とみて間違いないしょう



 


例えるならこんな感じ



  • 夜なのに強すぎる照明

  • 詰め込まれたような建物と店、情報量



歌詞の量が多いので次々に別のことを書いてしまい

更にそれを補足するように歌詞を足していく・・・



日本はこういった足し算的な物作りが

良いとされたり多い傾向にあります



で、世の中のプロはこういった中でも

ある程度落としどころをつけているのですが



大抵の初心者の方はこういったものがありません



 

まずは感覚を見直すことから




とまあ、様子するに足し算的な作り方から

”引き算”的な作り方に変えることが出来ればいいのですが



「いきなりは無理!」


という方も多いでしょう



そういった方は、敢えて制限を多くする

ということから始めてみましょう!



いうなれば「制限の足し算



思い切って

「こんなに量を減らしちゃっていいの?」



くらいの情報量で創作する癖をつけると

案外何とでもなることに気が付きます



そして、書きたいことを絞ることで

必然的にテーマの統一性が生まれてきます



ここで上手く聞き手を納得させられるオチや

構成を考えるようになってみて下さい



作詞に興味がある方は

是非参考にしてみて下さいね!




閲覧数:2回