top of page

今だに速弾きでリラックスしよう!論者がいるので物申す






脱力して速くは無理



 



自分で言うのもなんですけど

結構自分は速く弾ける方ですが...



脱力して速弾きは無理



一応部分的に力を入れてない状態で

速く弾くことも出来ないことはないですが



  • ちゃんと音が鳴らない

  • 速度に限界が出てくる


などなど

デメリットも多いですからね!





スピード=パワー



スピード自体にもある種力が発生しますし



それを操る側にも

相応にパワーが求められるもの



当然ギターの速弾きにも

相応にパワーが求められています



感覚的に反復横跳びや

ボクシングのジャブに近いと思います



腕を伸ばす力と止める力を

素早く連続させる



これに近い感じで速く弾くんですよね







更にもう少し言えば



腕全体に結構力は入ってます


 

で、何故そもそもこの


「リラックスしよう!」理論が

流行ってしまったのか考えたのですが...



力を入れなくて良いところを

脱力する感覚を部分的に捉えてる



伸ばす力、止める力を連続するので

両方の負担が軽減する感覚があるから



ちゃんと出来ていない人が言ってる



ここら辺からと思われます!



ボーカルの腹式呼吸もそうですが


割と間違った理論がそのまま流行る現象は

結構多いです



 

まあそんなわけで



力を込めつつピックが

弦に引っかからない感覚



これを養えば


速弾きも普通のフレーズも

キレイになっていきますよ!




というお話でした〜




閲覧数:13回

Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page