Submit Hubの採用率がどんどん下がってきている

更新日:3月22日



どうも! 霧切酢です!!


最近のSubmit Hubについて!



久々に使ってみたらちょっと変化があったので

そのことについて書いていこうと思います!



2022/03/02

#Sumit_Hub

#サブミッションメディア


 

去年よりも採用率は低下の傾向に・・・!





キュレーターに曲を承認されれば

リスナーを多く獲得できるチャンス!



なのですが



どうも最近採用率が

低下の一途を辿っているようです



Submit Hubの利点として



「宣伝にかける費用が比較的安価で済む」


という点が挙げられますが



楽曲が承認されなければお金は無駄になりますし

その分費用が嵩んでしまいます



私が今年改めて使用してみて

採用率が悪かったことも含めて


去年の共有率と実際に比較してみました



 

去年と比較して平均4%ダウン



これは去年私が使用していた時の

採用率です




この時は共有率が22%ありました


5曲提出すれば1曲は共有される割合ですね



しかしつい先日サイトにログインしてみたら



それが18%まで下がっていました



画面が黒から白に変わっていますが

少しでも明るく見せたいのでしょうか・・・😅



1ヶ月前にもログインしてみましたが


その時でも既に 19%




一時的に共有率が下がっている可能性も考えましたが

どうも継続的に下がっているとみて間違いないようです



この調子で行けば今後さらに共有率が

低下していくと思われます




サイト内のチャットを覗いてみると



「70回提出して5回しか承認されなかった」



という方もいたようです



場合によっては10%以下になる

可能性も覚悟したほうが良さそうです



 

需要の変化が原因?




どうもキュレーター達が

楽曲の共有を渋り出しているように感じます



もしかしたらサブミッションメディアや

Spotifyといったストリームングサービス



これらの需要が高まりすぎて

ある種の飽和状態になっているのではないか



人気のジャンルに偏りができてしまった



と予想しています



特に近年はコロナ禍によって


SNSを利用した音楽の共有の需要は

高くなっていると思います



キュレーター同士でも競い合いが

激しくなってきているのかもしれません



 

救済措置はないのか?




正直なところこのままでは費用はかさみ

リスクの方が上まってしまう


マッチングできないマッチングサイトでは

利用するメリットがありませんからね



おそらくサイト側の方もそのことは

感じ取っているようです



その代わりに


TikTok、Instagramで宣伝できる

「インフルエンサー」


の項目で新機能が追加され

そちらの方が有利になりました



といってもメリットばかりではないのですが



収益化できるかはまた工夫が必要ですが

チャンスは掴めるようになっていました



ここで書くと少々長くなってしまいますので

別の記事にて記載しますね



 

まとめ


・Submit Hubの共有率は継続的に下がっている

・楽曲が共有されにくくなっているので費用が高くつく

・「インフルエンサー」項目が新しく、有利になっている



正直なところ以前以上に厳しいため



ストリーミングの需要、ジャンルの選定


これらをより厳密に行わなければなりません



もしSubmit Hubの利用を考えている方がいらっしゃるなら

気をつけてみてください!


閲覧数:8回