歌は必ずしも正確なピッチが正しいとは限らない



歌に限らず、音楽において正確なピッチは重要ですが



所謂上物のパートは

必ずしもその限りではありません



勿論

「音程を無視して適当にやっていい!」


という意味ではありません😅



実はかなり昔から

意図的にソロパートの楽器だけピッチをズラす”



という手法は用いられていました


そうすることで

リードパートをより目立たせれるというわけ!✨



現役のアーティストや楽曲でも用いられていますよ!



 

敢えてピッチを高めに歌ってみる





日本でも頻繁にみられる歌い方がこれ!



通常よりも若干高めのピッチで歌う



どのくらい高めに歌うかは

その人によって変わってきますが


「大体 1/4音以下」 くらいが多いかと思います



そうすることにより


他のパートよりもやや明るく

良い意味で抜けの良いサウンドになります



勿論ある程度音感が良くないと

単に音痴にしか聴こえないので注意が必要ですが...



 



一番分かりやすい例を挙げてみますと


Mr. Children が特徴的ですね



どの曲もかなり高めのピッチで歌っていて

もう少しバランスが崩れたら危ういレベルまでいってます






女性シンガーなら


椎名林檎さん も結構高めのピッチで歌っています



こういったアーティストの方の歌を普通のピッチで歌うと

かなり癖の抜けた



「これじゃない」感が出てしまいます(笑



二人ともかなり強烈な個性を持った歌が特徴的で

独特の世界観を感じますよね


こういった隠されたテクニックも

楽曲のクオリティに大きく関わっています!



 

逆に低めに歌うとどうなる?





高めのピッチで歌うことのメリットがあるのなら



逆の低めのピッチで歌うとどうなるのか?



これは海外の歌手の方に結構多い気がします


低めのピッチで歌う場合は


  • 重厚感

  • 落ち着いた雰囲気

  • ダークな印象



などを歌に付加させることが出来ます


また、少々民族音楽的な音に聴こえたりもします



独特な怪しい雰囲気の民族楽曲との相性が良い

ピッチの狙い方かもしれません


 

人が歌を歌う場合は



・対手の場合狙ったピッチから低めの所から

 徐々に狙った音程に向かっていく


・ビブラートは基本音程を高めに揺らすことが多い



などの要素があるため


高めのピッチで歌う人に比べて

意外とアンサンブルとの混ざり具合は悪くありません



 



日本の歌手を例に挙げてみますと

中島みゆき さんがこの歌い方に該当します



独特の影のある歌声が魅力的で

力強さなども同時に感じられる歌い方です


また、結構強めのビブラートをかけるため

そこまでピッチが低く感じられません






海外のアーティストですが

Sytem Of A Down のメインボーカルも特徴的な歌い方!



バンドのコンセプトが元々民族音楽

ヘヴィなロックサウンドを融合させたものなので


低めのピッチ+強めのビブラートが

楽曲全般に上手く溶け込んでいます



ギター、コーラスを担当している方の声とハモリをすると



メイン = やや低めのピッチ

コーラス = やや高めのピッチ



それぞれのピッチ感の癖が出ていて面白いです



 

現代では機材の発展により

容易に正確な音程で歌を収録することが可能です


私自身ボーカルの補正作業などを請け負ったりしていますが



「正確なピッチに!」

「キレイにして下さい!」



というオーダーを受けることがほとんどです



でも、そのたびに


「もったいないな~」


と内心考えてしまいます



しかし


あえてピッチを正確な位置からズラすことは

ボーカルにとってとても重要なスキルの1つ


かなり楽曲の雰囲気を変えれてしまいますし

ボーカルの個性を出すためにも意識して欲しい部分です



オリジナルでボーカルを担当したい方は

是非一度お試しあれ!!