top of page

WARM AUDIO "WA-84"とBEHRINGER "C-2"比較してみた!!




2つのコンデンサーマイクを比較!






長らく使ってきたペアタイプのコンデンサーマイク


BEHRINGER "C-2"から鞍替え!



新しくWARM AUDIO "WA-84"を導入しました



値段もかなり違うのですが

そもそもの音質の違いも大きい!


WA-84 約10万円
C-2 約1万円(購入時は6,500円くらい!)


というわけで比較動画を作ってみました




いかがでしょうか!


今回はマイク1本でのモノラル録音と

マイク2本を使用したステレオ録音


両方をそれぞれ収録しております



また、そのままオーディオインターフェイスに繋がず

今回もマイクプリを通してから接続






この2つのマイクを比較するとわかりやすいですが


WA-84の方が中音〜低音がしっかりと出ていて

太くしっかりとした印象!


音にもアナログのような滑らかさを感じますね




中音、低音がしっかり出ていると思いますが

音のクリアさはC-2とさほど変わらない点がポイントですよ!





C-2も申し分ない解像度を誇っていますが

高音域がギラギラしていてザラザラした方な音質




明るくさっぱりした音ではありますが

相対的に細い音にも感じますね


しかしそれを考慮したとしても

全然格上のマイクと戦えているC-2は流石ですねw




コンデンサーマイクは高音域がハッキリしている物が多いので

WA-84がやや特殊なマイクとも言えるでしょう!



 

今回はアコースティックギターで試しましたが



音とは中音域がしっかり出ている方が

音抜けがよく目立った印象を与えます



WA-84ならボーカルを収録したとしても

前に出てくるような声を録音できそうですね



とまあ、値段が高いだけあってWA-84の方が

音が優秀なようにも書きましたが



正直いって10倍以上の値段のマイクとも

いい勝負ができるC-2もかなり驚異的なクオリティ!



今は値上げして1万円近くなっていますが

私が購入した時は6,500円くらいでしたからね



予算があり



アナログ的な質感が欲しい

太く滑らかな音が欲しい人は


WA-84



極力コストを抑えて

及第点くらいの音質でいい人は


C-2



というように購入を検討してみてはいかがでしょうか?




コメント


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page