生楽器の演奏を観に行ってみよう!🎼

更新日:2021年12月26日



どうも!霧切酢です!!



DAWが発展し、自宅での楽曲制作が増えてきた昨今



生演奏を観に行くことで得られるもの


メリットや注目したいこと


重要性についてご紹介していきます!!👀



 


ホールの音響を感じてみる





DAWソフトやCD音源などで感じ取ることができないもの

その中の一つが


ホールなどの音響です




例えばクラシックのオーケストラのコンサートなどでは


ホールの反響音も含めて演奏の音作りになります













 

代表的な物を挙げますと

クラシックの楽器の中には


ホルンのようにホールの壁に音を反響させて

音を完成させるというコンセプトの楽器も存在します🎺



音が出る先端が後ろに向いているのも

このためですね



DAWソフトのリヴァーブなどはあくまでシミュレートですので


こういった仕組み自体を体感することで作品への反映が期待できます!













 


楽器の特性・アンサンブルの仕組みがわかる





打ち込みだと音は再現できますが

楽器の使い方や鳴らし方は実際に見てみないと分かり難いです


また、動画ではなく実際に目の前で演奏を見ることで


どういったタイミングで息継ぎをしているか

楽器をカッコよく聴かせるためにどう工夫しているか


を自分の目で確かめることが出来ます



この動画の方達は、実際に私の地元で演奏していた方なのですが


私自身、彼らの演奏を目の前で見ることで大きな知識を

得ることが出来ました


もちろん打ち込みだけではなく

自身のギター奏法にも取り入れたりなど得るものは大きかったです



また、上に貼った動画のように一人で複数の楽器を

演奏している場合もあります


そういった部分も意識してミックスなどをしてみると

より臨場感のある音源にできる可能性があります🎤



 

いかがだったでしょうか?


現在ではあまり生の楽器に直接触れなくても

大抵のことはできてしまいます


また、演奏も動画を見ればある程度のことが学べますので

あえて生の演奏を見る必要性も感じ難いかもしれません


しかし、こういった地盤があれば

また違った視点で創作活動が行えるかと思います!!


それでは今日はこの辺でー!😉👍