top of page

5弦ベースの超初歩的かつ最重要な音作り





かっこいいけど難しい


 

ゴッツイ見た目と

響き渡る重低音!



チューバなど他の低音楽器に負けない

低い音域を出すことが可能な



5弦ベース!!





少し前はラウドなジャンルの楽器って

イメージも強かったですけど


意外とポップスとかの方が

需要があるんですよね



特に上物が多くなってきたり

ピアノみたいな音域が広いアンサンブルだと!



昔からプロの方でも趣味は4弦

仕事では5弦を使う!


みたいな風潮があるとかなんとか



 



しかしながら

実際に使ってみて。。



5弦って音作り難しくね!?



と感じた人は多いはず!



5弦だと低音がですぎる

5弦だけ音量がデカすぎる



多分ここら辺で

躓く方は多いのではないでしょうか?



5弦に合わせて低音をカットすると

他の弦が低音不足になり


5弦に合わせて音量を絞れば

他の弦の音量が小さくなる



みたいな現象が起きてしまうんです



 



まあこれってある種必然的で



5弦目は一番弦が太く

尚且つテンションが緩いから



というのが原因です!



これは5弦ベースに限った話ではありませんが


基本的に弦のテンションが緩いと

その分振動が大きくなるので


音量が大きくなりやすく

低音も出やすいのです



この点はギターも共通してます!





5弦ベースはよりこの特徴が

顕著になってくるってわけですね



 

なので対処法は非常にシンプルで



5弦目は極力ブリッジ側で弾く


更に言えば弦が細くなるにつれ

ヘッド寄りのところで弾く



こうしてあげることで


5弦特有の低音と音量の

出過ぎを防止できます





これをやって、まだ気になるなら

コンプとかで音を整える




あくまでエフェクターは演奏者を

サポートするくらいの立ち位置なので


原音がしっかりしてないと

効果も半減してしまいますからね!



 


実際に周りでもこれが出来ていなくて



5弦の音作りができない!



と悩んでいた方はいました



結局のところギター、ベースの音作りが


ピッキングが命!




ということですね〜


Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page