top of page

【オーディオインターフェイス】RME FIREFACE UCとapollo soloの音質の違いについて



名器と名高いオーディオインターフェイス!



DTMをやっている方なら一度は耳にしたであろう


RMEシリーズ

UNIVERSAL AUDIOシリーズ



何を隠そう

私が所有しているインターフェイスたち!


(EVO4もあるけどね)



個人的な印象では


RMEの方が老舗的

UNIVERSAL AUDIOの方がモダン


みたいな印象があります



今回は私が所有している

これら2つのAIFについての比較をしてみたいと思います!



因みに FIREFACE UCは購入当時で10万円ちょっと

apollo soloは7万円ちょっと



お値段に多少差があることを前提で書いていきます


 


RMEはオーディオインターフェイスを始め

音響機器に特化したメーカー



UNIVERSAL AUDIOの方が

もう少し手広く機材を扱ってる印象です



UAの方は多くのプラグインエフェクトは勿論



最近では優秀なギターのペダルも販売しているとか・・・




特にFender Twin Reverb系をシミュレートしたと思われる

アンプモデリングペダルはかなり評判がいいですね!



6万円以下でこれはすごい!!



個人的にもちょっと気になってます・・・



ジャンルは限られてしまいますが

ギタリストのロマンが詰まった音ですね~



話が反れてしまいましたが(汗


なんとなく2つのメーカーの

特徴の違いが分かったかと思います!



 




まずはずっと私がDTMを始めてから

メインで使用している



RME FIREFACE UC!!



友人に勧められるまま購入した

初めてのAIFでもありましたので


基本的に私のAIFの音の基準はこれ



なのでFIREFACE UCの音を基準

EVO4、apollo soloの音を聴いて来たのですが



とにかく音の輪郭がハッキリしてる



他のAIFとは比べ物にならないくらい

パリパリっとした音



出音に関しても録音に関しても

基本的にシャキッとするのが特徴です



 


音の出方が速いというか

良くも悪くもハッキリしすぎている印象で


人によっては

”硬い音”と感じる人もいるでしょう



もしかしたらテープ系のプラグイン使っても

音がハキハキしすぎてる原因はこれかもしれません



とは言え音楽は基本引き算で考えるものですので



パリパリMAXから

徐々にアナログ感を好みで付け加えていける



これが最大のメリットかもしれませんね



変な味付けみたいなものがないので

クリアな音が好きな人好みのAIFと言えるでしょう!


う~ん、流石老舗!



 



対してapollo soloはというと



音はクリア志向なのですが

結構温かみのある音



FIREFACE UCが尖ったようなクリアさなら

apollo soloは丸みを帯びたようなクリアさ



音がしっかりとしていて尚且つ

奥行きのあるような柔らかい感じです



出音、録音両方とも確認しましたが

FIREFACEと比べてこんな印象



デジタル録音特有の冷たさを考慮して

意図的に音に丸みをつけてくれているのかもしれません


 

FIREFACE UCの場合はテープ系のプラグイン使わないと

結構耳に痛い系の音でしたが



apollo soloは


プリアンプとか使わなくても程よい塩梅で

そこそこアナログ感が再現されてる気がします



やっぱりここ等辺は

手広くやっているUNIVERSAL AUDIOの強みなのか



宅録需要に合わせて設計をしている



ってことでしょうか?



 

まとめ



ギターアンプで表現するなら



ソリッドステートアンプ=FIREFACE UC


チューブアンプ=apollo solo



みたいな感じでしょうか?



ずっと最初からFIREFACE UC使ってきたんで

意識したことなかったんですけど



元から音に丸み、温かみを加えてくれる

apollo soloの方が圧倒的に使い勝手は良い


多分FIREFACE UCの方が玄人向け



って感じがしました!



apollo soloは割とそのままでも

音にまとまりが出やすいですが


FIREFACE UCは良くも悪くもクリア過ぎるので

自分で工夫して音を作っていく



これが比較してみた感想です!

よろしければご参考に~


結局メインはFIREFACE UCにする私でした・・・






Comentarios


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page