top of page

ノイズの少ない機材が求められるわけ






スタジオの感覚とは別!


私自身バンドをやっていた時期から

作家メインになってからの感覚ですが



意外とバンド活動だけしていると

気にしていないことって多かったりします



その中の1つがノイズ!!



勿論バンド活動時代にも

ある程度気にしていましたが


”あんまり目立たないようならいいかな!”



くらいの認識でしたし

ライヴだと乗り切れたりします



というかバンドしてた時は



「多少のノイズも



くらいに思ってましたねw



しかし!!

録音すると見えてくる事実



この”気にしていないノイズ”が与える

録音音源への影響は意外とデカいです





DTMとかやってる人はわかると思うんですけど



録音した後って色々と

音をいじるわけです



良くも悪くも!




  • Compで音を平坦にしたり

  • サチュレーターで歪みを加えたり

  • マキシマイザーで音を圧縮したり

  • リバーブかけたり



これら全てのエフェクト効果が

ノイズに対してもかかってくる



まあ、結果的にノイズが目立ってきたり

増幅されてしまうんです



つまりは



極力ノイズが少な機材は

基本にして最強



この究極系がEDMでしょうか



というわけで多くの人は

機材であれ、設備であれ


この”低ノイズ”に高いお金を支払ってるんですね







バンドやり始めの時期は大抵の人は

お手頃価格の楽器を使用すると思いますが


基本的にこの”お手頃価格”の楽器は

ノイズ処理が甘く結構ノイズが乗ってしまいます



で、このノイズなんですが

一応編集である程度消せるんですけど



原音と混ざったみたいな場合もあり

編集でも消しきれない場合もあります



かなり強引に高音をカットすれば

一応目立たなくすることもできるんですけど


そうしてしまうと音がこもってしまったり

元の必要な成分も一緒に消えてしまいますしね






最近はより安価で質の良い楽器も増えてますけど

録音するとなるとより注意が必要かもですね!













Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page