top of page

Macの魅力はスペック以外にあり?



Apple製品の不思議



  • 専門的な作業を行う

  • 専門的なソフトを扱う



昔はこういった作業的な需要といえば


Mac一択!!



みたいな時代もありました



今でこそWINもMacも大きな差はありませんが


専門的なソフトに対応したのが

Macしかなかった時代もありました



そういった事情もあって


昔からあるスタジオではMacが標準であったり

今だにユーザーが多いという側面があります



しかし!!


実際にMacを使用してみると

どうもそれだけではないのでは?



と感じる事がありましたので

この根強い人気について考えてみました!



 


スペックだけでは分からない




私は昔から生粋のWINユーザーだったので

Macを使う必要性をずっと感じていませんでした



機能的にも、カスタムのしやすさでも

WINの方が融通が利きやすいですからね



しかし!



CPUだとかメモリの量といったスペック以外

根本的な使い心地の良さ



これがMacに備わっているんですね



 

例えばMacbookに標準装備されている


  • キーボード

  • トラックパッド



これらの機能性が非常に高い


個人的にMacbookのキーボードは

私史上一番使いやすさを感じています



ノートPCは以前WINのものを使った経験はありますが

圧倒的に利便性などはMacbookの方が上



PCで作業をするとなると

大抵の場合は長時間PCを触ることになりますが


それが苦痛にならないよう設計されている



そう感じます



トラックパッドの反応や利便性も高いので

敢えてマウスを持ち歩く必要性もない


これは結構なストレスの軽減になるんです!



折角持ち運びに適したノートPCを買ったのに

色々持ち歩かなければならないのは


結構なストレスですからね



 


画面の滑らかさ




で、これは個人的な感想なのですが


ディスプレイの滑らかさ



これも大きな人気の要因なのではと感じています



なんと言いますか

WIN系の画面って硬い印象があるんです



「そのくらい我慢しろ!」

「そんなこといちいち気にするな!」



と言われるかもしれませんが


長時間作業していて集中力を継続させようとしたら

こういった快適さは割と重要



 

こういった長時間PC操作をしていても

苦にならないような配慮こそが


Macの強み!



私自身、少しスペックの低いMacbookを

サブ機として使用していますが


  1. ストレスの無さ

  2. 手早く作業を済ませたい



みたいな時は

圧倒的にMacbookの方が効率が良い気がしています



ある程度PCのスペックにこだわってきたけど

ある時を境にMacに鞍替えしてしまう



こういった現象の謎は

この特有の快適さが大きいのかもしれませんね!!





閲覧数:1回
bottom of page