【作曲】コード進行がシンプルでも恐れない!



コード進行に悩む時期



私自身も体験したことなのですが



個性的な曲、オリジナリティを出そうとして

変にコード進行に凝ってしまって


結果的によくわからない曲が仕上がる



という負のスパイラルに陥ってしまうことがあります



勿論面白いコード進行を使っていても


違和感なくいい感じに聞こえる曲や

曲調とマッチしている曲などは存在しますけどね😎



今回は作曲初心者で躓きがちなポイントを

まとめてみたいと思います!



 


躓きがちな時期とは?



個人的な傾向としては


  • 音楽理論を覚えたて

  • 少し勉強してきた段階

  • ジャズ理論を専攻していた


こういった方が多いように感じます



まあ、早い話が


”音楽理論に振り回されている時期”



どういう曲を作りたいかの手段ではなく

先に理論を使うことを考えてしまう時期ってあります


特に私のように

ずっと音楽の基礎を疎かにしてきた人種は😭


 

私の実体験ですと


知識だけあってそれを活用する知恵がない

という感覚



上手く音を組み合わせれば


シンプルなコード進行でも面白い曲ができますし

シンプルだからこそ表現できることもある



こういった感覚は

理論とは別に養わなければいけませんからね!



 



こんな対処法がいいかも



手っ取り早くシンプルかついい曲が

作れるようになりたいなら



有名な曲や売れている曲を分析してコピーしてみたり


定番のコード進行だけを使って

作曲してみるのも良い方法なのですが



ゆくゆくはコード進行以外の要素にも

強くなってみる



という意識を持ってみることをお勧めします


 

個人的におすすめなのが


リズムに対しいて強くなること



結構リズムパターンの引き出しがない人が


「取り敢えずコードやハーモニーでなんとかしよう!」

となってしまうことは多いです



DTMを始めたばかりの人でも

ドラムの打ち込みで苦戦する人が大半ですからね



リズムを上手に扱えるようになれば

メロディやジャンルに幅が大きく広がります



 


トーンやミキシングにも強くなる



最近の基準ですと



作曲=ミキシング含め全て自分でやる



という風潮がありますので


ミキシングなどで音を作ることも

作曲の一部と考えたほうがいいでしょう!



しかも、最近のミキシング技術や

機材も発展してきているので


音作りの幅が非常に広くなっています



ミキシング技術が上がれば



コードやハーモニーはシンプルにして

後はミキシングで派手にしよう!



みたいな考え方もできるようになってきます



 

ということで

かつての私のように理論に振り回されている人は


あんまり複雑に音符と睨めっこしなくても大丈夫!



くらいの軽い気持ちで

作曲をやってみて下さい😉👍




閲覧数:2回