なぜ日本でCubaseが流行ったのか考えてみた




国内シェアNo.1!!



日本では圧倒的人気を誇るDAWソフト



Cubase!!



かく言う私も数年前に使い出してから

今に至るまでずっと使ってます


後は仕事上、たまにGarage Bandを

使うくらいですがメインはCubaseってくらい


Cubaseユーザーです



昔はLogicだとかPro Toolsだとかも

触ったことあったんですけどね〜



で、今日はそんな付き合いの長いCubaseが

何故ここまで日本で支持されたのか?


について考えてみました



 



DAWの特性



今ではそれぞれのメーカーも発展してきて

そこまで特性の大きな差はなかったりしますが



一昔前の方が

DAWそれぞれの特性に差がありました



例えば


マイクを使った収録、録音=Pro Tools


打ち込みメイン=Logic



みたいな具合に!

得意分野がありました



で、Cubaseの特性は

ちょうどこの2つを併せ持ったような立ち位置



と言うので


手広く作曲活動をしていく中で

結構利便性が高かったという事情があります



私がCubaseを選んだ理由の大半がまさにこれで



  • 私のように楽器の演奏+打ち込み

  • バンドアンサンブル系を作曲



こう言ったスタイルの人には

使い勝手が良かったのです



私が最初に使ってみた印象も

Pro ToolsとLogicのいいとこ取り


って感じでしたね!


 



PCの互換性



Cubaseのもう一つの強みとしては



MacWIN両方で使えること!



これがマジで強みでした



一昔前では


専門的な作業をするPC=Mac

事務的な作業をするPC=WIN



と言う認識が強かったです

Macは基本の値段も高いですからね!



日本での一般的なPCユーザーは

WINの方が圧倒的に多いので


導入が容易であった



と言う事情もあったと思います


 


また、日本において無視できない存在・・・

爆発的にコンテンツを確立した



ボカロの存在!


ボカロソフトも昔はWINにしか対応していなかったので

ボカロPはWINを使う必要もありました


WINで利便性の高いソフトと言うと

Cubaseが候補に上がりやすかったのでしょう



Cubaseの課金システムでは

ボカロをそのままCubaseで使える


みたいなソフトもありましたしね



ボーカロイドの人気に引っ張られてシェアを広げた

と言う事情も考えられます


 

また、Mac、WIN両方で使えると言うことは


  • プロジェクトデータを双方で共有できる

  • 使い方などの情報が得やすい



などと言った

Cubaseならではのメリットも多かったです


操作方法も基本一緒なので

PCをMacからWIN WINからMac


と言うように買い替えても

そのままの感覚で使えるのは強いです



私もサブ機としてMacbookを購入しましたが

MacでのCubaseの使用はすぐに慣れました



 




日本人の気質



「行列に並びたがる」

「みんなが使っているから」



日本人特有の多数派に合わせる



と言う気質もあるのかなーと思います



色々ソフトの種類があってわからないし

取り敢えずみんなが使ってるやつ使おう!



っていう理由で使い出した人も多いはず



まあ、実際に使っている人が多いと

困ったことがあった時相談しやすいですしね



 


もう一つ


今だに日本ではバンドが人気であること



日本以外の国では


クラブミュージックやEDM

その中でもラップの人気が圧倒的


正直なところロックなどのバンドは

ほとんど勢いがなくなっています



Cubaseは打ち込みも得意とは言え


よりクラブミュージックに特化したソフトと比べると

EDM系統のジャンルにはそこまで向いてはいません



逆に言えば、クラブミュージック系を作らないのであれば

Cubase一つあればOK!



とも言えますね



 

まとめ



  1. 利便性の高さ

  2. ボカロ含めWINユーザーが多かった

  3. 日本人の気質



これら3つだと考察します!



なんだかんだ数年間使っていると


「もうこれでいいか」

ってな気持ちになりますしね



もう少しすると

このシェア率にも変化があるかも!?