top of page

Djentのカタカナ読みの時のイントネーションが気に入らない




「ジェ 【ン】強調 ト↑」


ではなく


「ジェ↑ ン (ト)↓」



です



何をそんな細かいこと!!

と仰る方もいると思いますが



個人的にこの「ジェント↑」みたいに


上がり調子になっていく

関西弁のイントネーション気味な発音が苦手です



いったい誰が言いだしたのでしょうか?


割と私の周りの人や

ネットで発信している人もこの発音してる人が多いです



というか日本では「ジェント↑」が

標準になってる気さえします・・・




そもそも"Djent"というのは擬音語

太くチューニングの低い弦を弾いた時に



「グシャーン」「ズギャーン」みたいな音を

そのまま言葉にしているだけ



それがいつしかジャンルの総称として

使用されるようになったという経緯があります



 

この違和感をもう少し具体的にしてみましょう!



例えば、何か重たいものがこすれる擬音語で


「ガシャンガシャン」という言葉を使うと思いますが

これと"Djent"の発音は割と近いと思います


"Djent"の単語の"t"が日本人的に馴染みがないのも原因だと思いますので



"t"を省き気味に「ジェン(ト)」という言い方に替えて

「ガシャン」という擬音語と同じイントネーションにする



これが一番近い発音だと思います



つまり"Djent"を「ジェ【ン】強調ト↑」みたいに

発音するのって


「ガシャ【ン】強調↑ ガシャ【ン】強調↑」と

同じ感じで違和感MAXに感じるのです



というか実際そういう言い方してます


 

また、この上がり調子のイントネーションって


母音が強調されるためすごい日本語感で出てしまうというか

もの凄くもっさりして聴こえてしまいます



変な田舎風の訛りっぽいというか...

とにかくダサいです



切れのある破壊的な音が特徴の"Djent"とは

対極に存在する表現の仕方


本来の発音と全く似てない



ここ等辺に納得のいかなさを感じてしまいます



 

というわけで



"Djent"をカタカナで読むときは

語尾を変に上げずに


日本で使われている擬音語と同じ感覚で

発音してみましょう!!



余談ですが、実はもう一つ

イントネーションに拘っている理由がありまして・・・



西洋的なリズムで演奏するのって

語尾を強調する日本語の感覚がすっごい邪魔なんです



この擬音語的な発音が西洋圏の言語だったり

リズムに近いものがありますので


日ごろからこういった癖をつけておくと

演奏面でも得しますよ!




Commentaires


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page