DTM追加音源を買うタイミングとは!?〜最初に買うべき音源もご紹介〜

更新日:3月22日



どうも!霧切酢です!!



今日は


DTM・DAWの追加音源について!!



どういったタイミングで購入するかを

書いていきたいと思います!


#DTM音源 #DTM_追加音源

 

追加音源とは?



DAWソフトを買ったときに

元から入っているもの以外を購入することです



  1. シンセサイザー

  2. ドラムやピアノなどの生楽器



など!


色々なメーカーの製品を使うことによって

制作できる音楽の可能性を広げることができます!



値段は安いもので1,000前後


高価なもので数万円以上するものがあります




音源以外にも



  • compressor

  • EQ

  • reverb

  • delay



などといったエフェクト類も購入できます!



 

メリット



メーカーによってクオリティに差はありますが



  1. 音質が向上する

  2. 細かい音作りができる

  3. 演奏機能が豊富になる



などなどが期待できます!


特に生楽器の音色は



元から入っている音はかなり作り物っぽいです



これだけでリアルな演奏を再現することは

ほぼ不可能と言っていいでしょう


 

・例えば


CUBASEに元から入っている音源で

ベースのスラップを選んだとします





すると、この音源には



  • ミュートした時の音

  • ゴーストノートなどに使う音

  • 指が弦を擦る音やノイズ



などの音を出すことができません



これではリアルな演奏を再現することは難しいですね!


特にミュートの音が再現できないとなると

かっこいいスラップフレーズにはなりません😵‍💫



追加音源のほとんどはこういった細かい奏法

再現することが可能です!



 

購入を検討する時期



最初からやる気MAX!!いい機材を揃えてやるぜ!



って勢いで購入しても構いません😎


一般的には




本格的なクオリティの曲を作りたい


自分一人で楽曲を完成させ、発表していきたい


販売を見据えた商品とした曲を作りたい




などを考え出した時が買い時!



特に3番目のように


音楽で多少なりとも収入を得たいと考えている方は必須!!


 

近年は


個人でも質の高い楽曲を制作、販売が可能となりました



それに伴い、世に出る楽曲の水準が高くなっています



音源の質が低いというだけで

敬遠されてしまうことも少なくありません



特にBGMの販売を検討されている方は

積極的に生楽器の音源を導入することをお勧めします!



 

オススメの音源



「クオリティを上げるために音源買うぞ!」


と思っても、今となってはたくさんありますので

どれを買えばいいか迷いますよね?


特に単品で色々と買い揃えていくと

結構費用の方もかかってしまいます!




そこで


取り敢えずこれがあると便利!


という音源を2つご紹介します!


 

KONTAKT





イメージ的にはDAWソフトに元から入っている

音源集強化版みたいな音源です!



様々な生音源やシンセサイザーが収録されています


KONTAKT6



音のクオリティとしてはまずまずといった具合ですが

とにかく基本的なものが揃うので手元にあっても困りません



また、最大の特徴として



拡張性が最も高い



ことが強みです



実は他のメーカーの単品の音源を買った時


このKONTAKTのライブラリに音源をセットして

使用するというケースがかなり多いです



つまり、KONTAKTを所有していると

今後必要な音源を買い足す時に必須になる場合があります



そう言った面でも、所持することには

かなりメリットがありますね!😉


機能制限のあるdemoバージョンや無償製品もありますので

まずは試しに使ってみるといいかもしれませんね!


 

また、KONTAKT含め他にも色々な音源や

エフェクト類が入った


KOMPLETEという製品もありますので

予算に余裕がある場合はチェックしてみましょう


KOMPLETE





 

Omnisphere2





膨大な量の音源が入っていることで有名なシンセサイザーです


その量は一生あっても使い切れないなど言われています😅



KONTAKTと比べるとエレクトロな音色が多く

音質も圧倒的にこちらの方が高いです


また、数は多くないですがなど生楽器系の音色も入っています


Omnisphere


バンドサウンドやオーケストラよりも

エレクトロ系が好きな人にはかなりお勧め!


少々お値段は高めですが

十分元は取れる内容だと思います



 

いかがだったでしょうか?



本格的にDTMで勝負していきたい


音楽で収益を得てみたい



と考えている方には

避けて通れない道です



どのような音源を購入するかに決まりはありませんが

最初のうちは色々と入っている物を買うと


ある程度音の調整がされたものがたくさん手に入ります



何を買ったらいいかわからない人は

検討してみてもいいかもしれませんね!



それでは今日はこの辺で!!😉👍