イヤホンの音量は適切に!




・部屋で大きい音が出せない


・細部までしっかりと音を聴きたい



そんな時に便利なアイテムがイヤホン



ヘッドホンと比べるとコンパクトで

持ち運びもしやすいです!



DTMをしている方としても

ヘッドホンよりイヤホン派という方もいらっしゃいます



どちらにもいい面がありますからねー!


 


イヤホンの音は結構独特




出来る限りスピーカーのニュアンスに近づけたものが

ヘッドホンであることに対して


イヤホンは少々趣が異なっています



ヘッドホン比べるとかなり近場で音が鳴っているように聴こえるので

定位(PAN)がピチッ!と別れている印象



特にセンターから聴こえてくる音の質感は

実の所かなり独特です



センターの音は

左右の音を混ぜて作られますからね


イヤホンは構造上ヘッドホンやスピーカーとは

結構異なった音の聴かせ方をしています



全体的なバランスをとるためのミックスにおいては

ヘッドホンの方が有利に感じますが


こういったイヤホン特有の音が

細かい作業に向いているという側面はあります



 

こんな作業するならイヤホンがおすすめ!





一見するとヘッドホンの方が優秀かと思いきや



マイクを使った収録や録音作業


細かいノイズチェック



などにおいては

個人的にイヤホンを推奨したいところです!



特に録音作業においては

イヤホンの方が個人的にメリットを感じます



例えば歌の収録なんかになれていない人が


「自分の声の返しが聴こえない!」



という状況に陥り上手く歌えないことは結構あります


確かに返しの音量を上げれば解決すのですが

そうすると次は他のオケの音が聴こえない・・・


と無限ループに!



そういう時は片方のイヤホンを外してあげて

直接自分の耳で自分の声を聴く



という方法を取れば結構解決します



ヘッドホンでも似たようなことは出来ますが

イヤホンの方が簡単ですね!



 

ヘッドホンの面倒なところ



・重い


・邪魔


・部品の動く音が入る




これなんですよ・・・!


よくテレビとかMVでヘッドホンつけて歌ったり

演奏しているのを見かけますが



想像している以上に邪魔



特に頭を動かす動作をしなければならない時

結構動きが制限される感じがします


しかも長時間つけてると疲れますからね😅



そして、個人的に一番嫌なのが



歌とか収録していると

たまにヘッドホンの部品が動く音が入る



具体的には、耳につけるパッドの部分が動いた時の音や

本体がズレたりする時音が入ることがあるんです



せっかくいい感じに収録出来ていても

この音が混入したためにやり直し!


となったことは結構ありました・・・



イヤホンならこういったデメリットがありませんからね!



声の収録をするなら

イヤホンがお勧めともいえるでしょう✨



 

音量にだけは注意を!





さてさて、機能面なら優秀なイヤホンも



音量を大きくし過ぎないようにする



これはヘッドホン以上に注意を払ってください


構造上、音が耳の中に密閉されて鳴っているため

スピーカー、ヘッドホンに比べて耳への負担は大きいです



特に深刻な耳へのダメージは

回復しない場合もありますからね!



特に上に貼ってある画像の


カナル型のイヤホンは特に密閉性が高いので

耳への負担は大きいです



適切な使い方で

快適な音楽ライフを送りましょう!😎👍




閲覧数:1回