top of page

格闘技やってる人は温厚の人が多かった



暴力と格闘後は別物




昔は色々と付き合いがあったため

ちょっとしたイベントによく顔を出していました



そんな時


結構音楽とは関係ない人とも

交流を持つ機会にも恵まれたこともありました



で、そこで気づいたのですが

私が出会ってきた人に限りますが...



本格的に格闘技やってる人は

温厚な人が多い




趣味でではなくお仕事としてやってる人!



現役のプロレスラーとかちょっと有名な方まで

大抵は社交的で穏やかでした



よくそこら辺で見かける


「相手に睨みを効かせてびびらせてやろう!」

みたいな人は皆無でしたね


 

あくまで個人的な意見なのですが


仕事として格闘技をやってる人のレベルになると


  • 暴力ということの恐ろしさ

  • 相手に与えてしまう影響


などを嫌というほど知っている

”痛みのプロ”でもあるのかなと思いました


もちろん本当に強いので

自分に自信があるのも要因でしょうけど




よく見かける単にオラついてる人とかは

そこらへんが大きく欠けています



  • 相手をビビらせたら自分が得する

  • 暴力を使えば思い通りになる



こういった


どこまでも自分の得しか考えていない

自分勝手な人が多いので



真逆の存在とも言えますね


もちろん全ての格闘技をやっている人が

そうとは限りませんが!




そういうわけで


昔の体験談でした!!






Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page