top of page

最初に自分の演奏を録音して聴いた時の気持ちとは!?




・カラオケで歌ってきたので歌に自信がある!


・バンド練習やライヴを通して自信がついた!



こう言った優しい夢を打ち砕いてしまうのが



レコーディング!!



ある程度音楽やってきた人なら

大体は通る道なんですよね



それもスマホのボイスレコーダー機能みたいな

適当なものではなく


そこそこちゃんと環境

自分の演奏を録音して聴き返してみる



こうしてみると

「なんとも言えない気持ち悪さ」が・・・



例えるのなら


証明写真に写った自分を見ている感覚!






 




普段私たちが耳にしている音というのは


なんだかんだいい感じに加工されたものがほとんど



カラオケなんかではエフェクトや

部屋の反響音で細かい粗が目立ちません



そんなわけで


粗がハッキリと目立つ環境にて

自分の演奏、歌を聴くことって滅多に無いんですよ



それをMAXにしたのが

初心者バンドの練習&ライヴ





大体のスタジオやライヴハウスにはデッカいアンプや

いい機材が取り揃えられていますので



その機材効果と言いますか



正確な自分の実力を

直視することがあんまり無いんです



当然私もそうでしたw



 

今でもハッキリと覚えているのですが


とあるバンド練習の時に

練習した音をスタジオの設備で録音した時のこと



バンド活動を始めてからそこそこ年数も経ったし

ライヴ経験もそれなりにあったので



”未熟な部分はまだあるけれど

それなりの演奏にはなっているはず”



そんな風に考えていた時期がありました・・・



まあ結果は悲惨(笑





リズムはヨレヨレだし

音程が不安定な部分は多いし



総じて言いますと


”何をしたいのかよくわからない演奏”でした



最初のうちは


自分の演奏を自分で聴く感覚が

不慣れなだけだとも思っていました



もちろんそれも関係していたとは思いますが



何度やっても根本的な違和感は拭えず



まあそれでも


何も考えずに弾いていた時期よりも

細かい所を気にするようになって良かったんですけどね!



 

そんなわけでDTMだとかでちょこっと

自分の演奏や歌を録音する際は



ある程度覚悟を持って臨んだ方がいいかもしれません!



客観的に自分の演奏を録音して聞き返してみても



「これは良い演奏だ!」と

心から思えるようになった時が



本当の意味で演奏が上達した時と

言えるのかもしれませんね!





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page