top of page

フリーランスで活動している人に知っておいて欲しい”フリーランストラブル110番”

更新日:2023年7月1日



フリーランスは立場が弱い!



コロナ禍も落ち着いてきたものの



コロナ禍を機に

副業、自営業をやってみよう!



となった方も多いかと思います


今ではPC、スマホがあればできる

副業もたくさんありますしね



それに比例して悪い側面もあったようで



フリーランスで活動している人の

トラブルが増加傾向にあるとのこと



まあ、仕事となると何かしらトラブルはつきものですが

フリーランスは


  • 自分で対処しなければならない

  • 自分で契約しなければならない


などなど、正社員やバイトとは

また違った悩みも多いもの



そういったフリーランスで活動している人を

無料でサポートしてくれる公的機関があります



そのうちの一つが


フリーランストラブル110番



公正取引委員会の系列の機関なので

信頼感の高い組織です



フリーランスを始める人は

こういった組織があることも知っておくと便利ですよ!






 




フリーランスで活動していて最も多い悩みとして

個人的に思っているのが



  • どこまで依頼人の要求を聞き入れるか

  • 納品物のクオリティの上限


言ってしまえば

提供するサービス、納品についてかと思います



ぶっちゃけたことを言ってしまいますと


まだまだ日本には


「客の方が圧倒的に立場が上」

「一度でも金を払えばなんでも要求できる」



みたいな考えを持っている人が

ひじょ〜に多いです



なので、事前の契約を無視して

無限に自分の要求を通そうとする人もいます



そんな状況の手助けとなるのがこの

フリーランストラブル110番!



 

このフリーランストラブル110番はその名の通り



基本的に立場が弱くなる

フリーランスを支援する組織



メールや電話で所属弁護士

相談できるシステムがあります



弁護士と言って割とピンキリなので


「どんな弁護士に相談すればいいわからない」

「弁護士への報酬の相場がわからない」



こんな時は国公認の弁護士に相談できるというのは

かなり有難いシステムです



相談方法は電話かメール

どちらでも大丈夫!



トラブルとなっている経緯を説明し

法的な観点からアドバイスがもらえます



また、どうしても依頼人といつまでも

揉め事が解決しない場合は


フリーランストラブル110番の弁護士が仲介を行う

”和解あっせん”というサービスもあります



 

今回はこちらの

”フリーランストラブル110番”をご紹介しましたが


他にもフリーランスをサポートする組織はあります!



状況に応じて必要な組織に連絡してみましょう



 




きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page