top of page

ギターは健康?不健康?



ギターとのお付き合い



長いことギターを弾いているといになってくる



ギターを弾いていることで出てくる

体への影響!



若いうちは大して気にならないんですけどね😅



ギターは何歳になっても楽しめる

素晴らしい趣味になり得ますが


「健康面ではどういった影響があるのか?」

今回はこのことについて考えてみましょう!



 


基本的に体への負担はある



どんなに正しいフォームで演奏していても

基本的にギターは悪い姿勢で演奏します



そもそもの問題として



  • 猫背気味でギターを支える

  • 多少覗き込むように首を曲げる

  • 左肩に負担がかかる



などなど

結構健康には悪い!(笑



もちろん、なれてくると



背筋を伸ばして、首を曲げずに演奏することはできますが



これがめちゃくちゃ弾きにくい



ある程度のフレーズは弾けますが

難しいフレーズはこれだと弾けません



ギターとは健康と引き換え

上達していくもの!!🤣🤣🤣



 



ちなみに立って演奏する場合は


ギターを肩に掛けるため

余計に肩に負担がかかります



ギター本体もそこそこ重量があるので

それを左肩が吊るして支える


ライヴとかバンド活動が活発な人は

結構肩こりも多いのです😇



ただでさえフィンガリングの力でも

結構方とかに負担かかるのに・・・



 


老後には良い?



実は指先を細かく動かす作業は

ボケ防止に効果的だそうです!



ということは



左指を細かく動かす作業が多いギターは

ボケ防止に最適なのでは?



なんて考えてみたりしました!



まあやり過ぎて

腰や首を痛めないように気をつけないといけませんが



 

若いうちからボケ防止のことを考えるのもなんですが

いろんな意味でギターは一生の趣味!



と言ってしまっても良いのでは?

なんて考えていた今日この頃でした!




閲覧数:4回

きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page