現代のギタリストにDTMのスキルは必須!!

更新日:3月22日



どうも! 


作曲家兼 ギタリスト兼 スクリーマー 霧切酢です!!



今回のお題はコチラ



現代のギタリストにDTMのスキルは必須!!



ということを解説したいです!


時代と共に変わってくる

ミュージシャンのスキルについてもみて行きましょー!😆👍


#ギタリスト

#DTM

 


現代の音楽にはPCは必須!!




楽曲制作もPCを駆使して今まで以上に

表現の幅を広げることが可能になりました



例えばバンドアンサンブルに

打ち込みの音を混ぜるなんてことも


今となっては珍しくありませんね!





完成版の音源を作らなくても



事前にアレンジやアンサンブルのバランス

確認することもできます😉👍



こうすることによって

スタジオ練習の時間、費用を大幅にカット



スピード、クオリティ共に大幅に

上げることができます!




 


自宅で音源を完成させることも可能!



練習スタジオ、レコーディングスタジオに通う必要なし!



勿論昔ながらのスタイルで曲を作ることも

全然楽しいしいいんですけどね☺️



KENPERAXEシリーズなど


ハイグレードなデジタルアンプがあれば

十分な音質で自宅でギターの録音ができます!



特に近年では



ほとんどを自宅録音、もしくは全てを自宅録音で

完結していることも増えてきています



また、Djentのようにタイトなリフや

機械的な音を作るときは



あえて自宅で録音し

ギターの音を編集した方がいい場合もあります




現代的な技術を利用した音作りが行えるという点でも

DTMのスキルは持っておきたいところです!!😎






 

進化したソフトウェアアンプ





以前私が別の記事でもご紹介した



Neural DSP!


https://neuraldsp.com 



技術の進歩に伴い

かなり高品質なソフトウェア、アンシミュが登場しています!



生のアンプを使わないからこそ

手に入れられるギタートーンもあります!





かなりリアルなトーンなのでミックスもお手軽に行えます!



こういった最新の音を素早く手に入れて

自身の楽曲制作に活かせる



これも現代に求められているスキルですね!🤩





 

音楽を仕事にできる!!



自らの音楽活動は勿論



自分の技術をお仕事にもできます!!



誰しもが自分の作品を発表できるからこそ



「迅速にデータが欲しい!」



という人は結構います



従来のようにスタジオでギターの録音を依頼すると

時間もお金も相応にかかりますからね😅



自分でDTMを駆使することで録音し

データを渡すことでお仕事として成立します!



誰かの楽曲のギターを担当してみると

結構経験値が貯まるので色々とおすすめ




 

いかがだったでしょうか?



従来のようにスタジオに入ってバンド!


という形式も素敵ですが


新しい可能性をどんどん模索してみましょー!!😎👍