Neural DSP VS Guitar Rig ~比べてみた~

更新日:3月22日



どうも!霧切酢です!!



今回はギタープラグインの比較記事!🎸


以前より私が推している



Neural DSPと、定番のGuitar Rig

比較してみました!!


今回はリードパートの音の違いを比べてみました


Neural DSP


#Neural_DSP

 

比較に使う曲




先日私がEVO4とNeural DSPの低予算機材で作ったこの楽曲!!


こちらの音源は無料配布中ですので、ぜひこちらも

チェックしてみて下さい


https://www.kirigirisu-music.net/free



この曲の録音はEVO4に直接ギターを接続、録音して

音がけでエフェクト類をかけています👀


そのためプラグインを差し替えること

音色を変えることができます



今回は


  • Guitar Rigから2つの音色

  • Neural DSPから1つ



ディレイ、リバーヴを外して多少EQをかけた

基本的な音での比較になります


音量は大体一緒ぐらいで揃えました



 

比較音源



  1. Guitar Rig ”CITRUS”




できるだけNeural DSPの音色に近いものを選びました



ぱっと聴くとミッドが分厚く聴こえますが

少々こもって聴こえますね


ローに近い部分のミッドが分厚いといった感じでしょうか


GAINはマックスにしていますがそこまで歪んでおらず

ナチュラルな印象


高音弦の響きはしっかりと聴こえる点は良し


プラグインのクセが強くギターの元々の

ニュアンスや音色が多少失われています



 

2. Guitar Rig ”hot solo+"




CITRUSとは別の方向性の音色にしてみました



ドンシャリ気味でキレのある

伸びのあるリードの音色です


どちらかといえばメタル寄りの音で

これ単体で聴くとなかなか良い音なのですが


アンサンブルに混じると少々音が弱く聴こえますね


もう少しEQを調整すれば聴こえ方は変わりますが

少々奥に引っ込んだような音ですね



 

3. Neural DSP "Plini"




最終的な音源ではあえてリバーブディレイ

少々引っ込んだようなミックスにしましたが


元の音はかなり前に出てくるような音です


ミッドがしっかり出ているという点では

CITRUSもそうなのですが


Neural DSPはギターの美味しい部分

ミッドがしっかり出てくれます



また、あまり歪んでいないのにサスティンもあり


ギターそのもののクセや

ピッキングのニュアンスもしっかり残っています


ちなみに今回は使用しませんでしたが

もっとラウドに歪ませることもできます



 

まとめ動画





 

いかがだったでしょうか?


やはり長年の定番であったGuitar Rigの強みは



音色の幅広さ


コスパに優れた音作りの汎用性が挙げられます



その点やはり音質面ではややデジタル臭く

ギターのニュアンスが消えてしまいがちです




対して音作りの幅広さではGuitar Rigに劣りますが


  • 音質面

  • ギター本来の音

  • ピッキングニュアンス


などの部分ではNeural DSPに軍杯が上がるという印象でした



もしどちらか持っていないという方は

今回の記事を参考にしてみて下さい!!


それでは今日はこの辺で〜😉👍