DTMerの大敵=運動不足




DTMer、ミュージシャンにとって大きな障害



運動不足!!



家にこもってひたすら作業をする作家の場合

結構大きな問題につながることも!



つい先日私も


急な胸付近の締め付けるような痛み

首、顎の下あたりの締め付けるような痛み


などが体を襲いました



自分で調べてみたところ


体の血行が悪くなったため起きた症状のようで。。。



実際に私に起きた体調不良について

ご紹介したいと思います!!



 




楽曲を作る作業は

長時間座った状態でひたすら作業!



同じ姿勢を長時間続けなければならないことも多いです



同じ姿勢を長時間続けていると

血行が悪くなり、健康上良くありません



私のみに起きた体の不調も

痛みが引くまで1時間くらいはかかりました



何と言いますか、広範囲に足をつったときの痛みがある

みたいな症状で


痛みがある間はなにも出来ませんでした🥶




 

しばらくおとなしくしていれば治まるかとも思ったものの

いつまで経っても改善せず・・・



なんとかPCで該当する症状を調べたところ

私の症状は、どうも下半身の方の血行が悪いのが原因だったよう


そこで最初は軽く出来るストレッチから始めて

自室でも出来る軽いトレーニングを行うことで改善されました



最近はやっていなかったのですが


一時期自室でもできるトレーニング法を考案していたので

それが役立ちましたw



ストレッチ~軽い筋トレを行い、血行が良くなるころには

痛みが無くなっていました


 


実は数年前にも、全く別の症状で

体の不調があった時期がありました





それが首の痛み



パソコンやギターを弾く時など

姿勢の悪い状態が長時間続いたせいかと思いますが



所謂 ぎっくり首になりました



脊髄と首の付け根辺りに強い痛みが出て

首がほどんど動かせなくなる症状です




これになったときは本当にきつくて

通常の作業は勿論、日常生活も大変でした



痛みは結構長い時間続きまして

首が動くようになってからも慢性的な痛みが残りました



湿布を貼ったり、整形外科に行っても結局治らなくて

2か月は痛みに苦しんでました



 

で、色々調べてみると



斜角筋が縮んでしまっているのが痛みの原因



ということを突き止めました



斜角筋というのは首の両サイド付近にある筋肉で

頭を支えている筋肉です





この筋肉が縮こまってしまった結果


首の付け根が引っ張られて痛みを感じていた



ということのようでした


スマホ首も似たような症状のようですね



そこで、この斜角筋を伸ばすストレッチ(この動画ではないですが)を

行ったところ、1週間くらいで完治しました



それからは定期的にこのストレッチを行うようにしたところ

今の所ぎっくり首の再発はありません



もし私のように首の付け根付近に痛みを感じたら

この斜角筋を伸ばす方法を試してみて下さい!


 

良い演奏、創作は 健康から!





理想を言えば、日常的に運動する習慣をつけることが望ましいですが

なかなか忙しいとそれも難しいですね!



そういった方の対処法としては



運動は出来なくても

効率の良いストレッチは覚えておく


そして定期的にそのストレッチを行う



自分の部屋の中でも出来るような

トレーニングメニューを考えておく



こうした習慣をつけておくと

体の不調を回避しやすくなります



体調を崩してしまうと

却って作業の時間が奪われてしまったり


作品の質が落ちてしまう危険性があります



事前に不調を防いだり、回復する方法を

日ごろから考えておきましょう!!





閲覧数:0回