Marshallアンプは音よりもデザインが好きな人も多いのではないのか?説




ロックの歴史はMarshallと共に



ロックギターのアンプといえば



Marshallのスタックアンプ



流石に今となっては

ちと古い認識かもしれませんが😓



ロックの歴史において重要な存在であることは

間違いありません



しかし、案外


Marshall以外のアンプの方が好き

というギタリストも少なくありません



 


ここが気になるよMarshall





結構ドンシャリ



おそらくギタリストの方なら一度は通る問題



Marshallの音は特別なことをしなくても

基本的にドンシャリ



結構ミッドを上げてみても

あんまり中音域が持ち上がってこないです



また、たいていのやつには

低音域のブーストがついていますが



これ使うと

ベース、キックの音とモロ被りになります



一人で弾いてる分には楽しいのですがw



ぶっちゃけアンサンブルではやり過ぎてしまうと

音が埋もれてしまいます



まあそんなところも好きだったりしますが



 




Marshallと言ったらこんな感じの音!



ザクザクとした刺激的で

ガラスを割ったかのような音が特徴!



ハイゲインサウンドから

透明感のあるクリーンサウンドまで作れる


この音作りの幅広さこそMashall最大の特徴!




しかし、動画での音は大抵はミキシングで作った音なので


実際にスタジオで弾いてみると

「シャー」みたいな印象の音です



個人的にはドンシャリだからこその

クリーントーンの方が好きだったりします



 

敢えて言いたいもう一つのMarshallの良さ




カッコいいんだ





先に挙げた動画とともに見てほしいのですが

Marshallのアンプは



デザインがカッコいいんだ





Marshallの文字が筆記体


黒とゴールドを基調とした

ゴージャスなデザイン



特にこのツマミ付近のゴールドの装飾が

高級感を感じさせてくれます


この「ロックの王様!」みたいなデザインが

多くのギタリストに愛されてきた理由の1つだと思います



他にもORANGEとかMesa boogieとか

優れたアンプは多数あれど



ダントツでデザインがカッコいいのは

Marshallである



と言いたいですね😉👍



 

最近デジタルアンプ派になってきた私ですが


アンティーク的な意味も込めて

Marshallは1台ほしいですね




閲覧数:1回